無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
春樹side
成瀬 七海
ありがと(にこぉ)
うーわ。天使。こんな子初めて見た。
尊い。
井上 春翔
え、うん。
成瀬 七海
えと…成瀬 七海…
え、待て待て待て待て
名前よ。かわよすぎんだろ。なんだこいつ。
井上 春翔
あ井上春樹です
成瀬 七海
よろしくね😊
うっっっっわやべぇ。
顔赤くなってないよな。
井上 春翔
こちらこそ🙂
井上 春翔
あ…立てる?
成瀬 七海
痛っ
井上 春翔
あ。挫いてるかも。病院行く?
成瀬 七海
あ、保険証…
成瀬 七海
あった
井上 春翔
行く?
成瀬 七海
ごめん、連れてってもらっていい?
井上 春翔
もちろん
いや会話続かねぇぇぇぇぇ
あーーーーーどうしよう
井上 春翔
あのさ
成瀬 七海
ねえ
井上 春翔
あっいいよ
成瀬 七海
え、あの、春樹くんってモテてるよね
井上 春翔
成瀬 七海
よく噂聞くから…
成瀬 七海
優しいもんね
おい、ちょ、反則だろそれ。
にやけるって
_________________________________
井上 春翔
やっぱ捻挫だったね
成瀬 七海
うん。あの先生捻挫で松葉杖ってオーバーじゃない?
井上 春翔
そ?よくわかんないわ
成瀬 七海
あ。最寄りここだから。ありがとう
井上 春翔
気をつけて
成瀬 七海
うん