無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

325
2021/08/05

第30話

𝐞𝐩.𝟐𝟗
ヘンドリーが暗殺されかけた日以来、5人は最大限の警戒をしながら日々危険に晒されながら生活している。






そして街もなんだか以前と比べるとかなり
どんよりと暗くて重い空気で包み込まれてるような、そんな雰囲気がある




















𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
何この重い空気....
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
今から戦争でも始まるのかって感じ......
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
なんか本格的にヤバくなってきてるよね、これ
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
確実にね
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
ほんとに殺されちゃうかもなんでしょ....、
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
せめてテンとウィンウィンに会ってからがいいな....
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
何弱気になってるんだよ!!
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
7人みんなで生きて帰るんでしょ!!








しかしルーカスが元気づけても何故だかこの重い空気はなかなか晴れない。






今まで生きてきた中でこんなどんよりした重い空気で包み込まれるのははじめてだ。





























𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
まぁとにかくテンとウィンウィンを探そ!
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
そうだね!
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
街ゆく人に聞いていけば何か手がかりとか掴めるはず!
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
ヘンドリー、ナイスアイデア!!!
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
へへへっ!







そして5人はヘンドリーのアイデア通り、目に入った通行人に2人のことを聞いていく。










しかしやはり











''そんな子達私は見たことないねぇ''





''うーん、ここではあまり見ない顔だね...''




''ごめんなさい、分からないわ''




















というような返答が多かった。






少し想像はついてたけどやはり気持ちのモチベーションが下がっていってしまう。





















𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
あー!もう!いい返事が帰ってこない...!!!
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
まぁそう簡単には見つからないよ、仕方ない
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
でもちょっとは......
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
あ!!!あの人に聞きに行こ!













ルーカスが指を指した先には自分達より少し年上くらいの男性が居て、レンガの壁にもたれてタバコを吸っていた。






























𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
すみません、小柄で猫みたいな男性、見ませんでしたか?
・
・
...小柄で猫みたいな男性?
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
テンっていう名前なんですけど....、
・
・
あ~...申し訳ないんだけど、僕は知らないな
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
そうですか、、、
・
・
力になれなくてごめんね
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
いえ、大丈夫です!


























・
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
分からないって
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
やーっぱそんな簡単には見つからないよね~
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
根気よく探そうよ
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
だねぇ






やはりそう簡単には見つからない。




再会は少し先になる事を覚悟しておいた方が良いのかもしれない。






































''状況は''














・
・
あぁ、ヒョン。
・
・
やっぱりそうだったよ、あいつらテンを探してる
















''やっぱりね。僕の予想通りだ。 これからどうしよっか?''















・
・
やりましょ、ヒョン














''さすが!やっぱりお前はこうでなくちゃね''
















・
・
ははっ、すっごい楽しみ




















''ちょうど僕も暇してたんだよ。だから派手にやろうぜ''












































𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
僕らの力を見せつけてやりましょ、ヒョン。

























・






𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
最近街で盗難の被害がたくさん出てるらしいよ
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
武器屋とか宝石屋とか、色んなところで
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
前まで穏やかだったのに、やけに物騒になったよね
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
何か起こるんじゃない??戦争とかなんかそういうの.....
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
怖い事言わないでよ~....
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
そうなっても皆でいたら俺達最強だよ、心配なんてする必要ない!









昼の1時頃、5人はテーブルに向かってクンが淹れてくれたホットコーヒーを飲みながら話していた。







実際、街では盗難の被害が相次いで起きている。






そして、信じたくない話だが殺人被害も出ている





街の武器屋のおじさんが殺されていたそう。





目撃者曰く、そのおじさんは喉を掻き切られており、抵抗はもちろん叫び声も出せなかったため、




誰も気づかなかったのだろう。






この手の殺人をした犯人は相当殺り慣れている。








そして現場には何一つ手掛かりが無かったため、







事件の真相は闇雲をさまよっている。もちろん犯人はまだ捕まっていない。



















これ以上被害が出ませんように、と願いながらコーヒーを飲んでいた時だった


















突然頭が割れそうなくらいのもの凄い爆発音が辺りを呑み込んだ


























𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
何!?
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
見て、黒い煙が出てる...!!













爆発音の元であろう街からは大きな黒煙が空を覆っていた








街からこの5人の住んでいる家は少し距離がある為、幸い被害は無かったがそれでももの凄い音がここまで聞こえた





















𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
火事かな、
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
分からない、とにかく街に行けば分かるはず
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
そうだね、急ごう














5人が急いで向かったその先には、無惨な光景が広がっていた




















𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
嘘だろ...













そこには爆発で吹き飛んだ原型を留めていない大量の建物、そして瓦礫で埋もれた人や、爆風で吹き飛ばされて血だらけになって倒れている人が何十人といた























𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
一体何があったんだ、、

























・
・
・
教えてほしい?
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
!?
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
だ、誰?!
























声のした方に目を向けると、










ゴシック調で膝下まである長いコートを身に纏い、





そして黒いフードで顔を隠した3人の男が









瓦礫の山の上で王の如く厳威な雰囲気を放っていた



























・
・
久しぶりだから派手にやっちゃったねぇ
・
・
ちょっと張り切りすぎたかな笑
・
・
まぁ、いいんじゃない?
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
...あんたら、さっきから何ブツブツ言ってんだよ、
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
ヘンドリーが誰かって聞いてんだ、早く答えろ
・
・
わぁ、すっごい強気な子がいるじゃん
・
・
いいよ、答えてあげる
























・
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
俺はベッキョン。
・
・
え~もう言っちゃうの?まぁ仕方ないか













・
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
俺はチャニョル。君達に会えて嬉しいよ
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
僕はセフンだよ













・
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
君達は何か知ってるの?
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
知ってるも何もさ...
 
























・
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
俺達がやったんだよ










・
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
....は?
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
こんなに胸が高鳴るのなんて何年振りかな?
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
お楽しみはこれからだよ?ヒョン
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
...何が目的だ、
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
それはね、



















・
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
愚民共に力を見せつける事、そして君達を殺す事、かな
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
テンは返さないよ
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
どういう意味だよ、俺達を殺すって
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
それに、テンの事も...、
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
お前らがいると邪魔なんだよ
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
俺達にとっても、テンにとってもね。
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
なんで俺達がテンにとって邪魔な存在なんだよ、
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
俺達は小さいからずっとテンの親友だ
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
それはあっちの世界の話でしょ?
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
こっちの世界とは違うの
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
なんでそれを知ってるの...、?
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
全部テンから聞いた
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
君達違う世界から来たって
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
君達がいた世界でテンと友人同士だったとしても、テンはもう僕らの仲間なの
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
...それってどういう意味なんだよ
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
それに君達は一体何者?
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
俺達はね、




























・
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
アサシン。暗殺者だよ
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
テンももう俺達と仲間。
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
だからね、テンがお前達の事思い出すと面倒なんだよ
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
だからその前に君達を殺す






























next__