無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

334
2021/08/06

第32話

𝐞𝐩.𝟑𝟏





息の根を止め、赤黒い鮮血を大量に流す




ルーカスとシャオジュンを見てチャニョルは




ニンマリと笑みを浮かべる





















𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
ははっ、死んじゃった!
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
やっぱりテンには必要ない存在だったんだね
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
ね、セフン、ベッキョン
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
あぁ、こんな弱い奴はテンといる資格なんて無い
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
テンは僕達アサシングループこそにふさわしい逸材....
 







3人は動かなくなった5人を冷たい眼差しをおくりながら、返り血がついた頬を袖で拭った





















𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
これからどうしよっか
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
もちろん、乗り込むんですよ
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
城に。
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
今頃、テミン達が城を襲ってるだろうね
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
城を襲った後に街の愚民共を皆殺しにでもしちゃう?
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
いいねぇ、チャニョル。
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
悪夢を見せてあげようか。
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
あぁ、考えただけでもゾクゾクしちゃう
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
どうやって殺してあげようかな....
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
気が早いよ、セフン
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
さ、行こ..............





























・
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
えっ......













視線を下にやると、チャニョルの腹部から
真っ赤な血がジワジワと広がっていた





















そして、後ろを振り向くと





































そこにはさっき死んだはずのルーカスが




チャニョルの背中に自身の剣を突き刺していた。







































𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
𝐂𝐡𝐚𝐧𝐲𝐞𝐨𝐥
くっ....ルーカス!!お前まだ死んでなかったのか...!?
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
ルーカス様を甘く見てもらっちゃ困るよ!!!
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
俺はまだ死んでねぇぜ!!!!!!!!!
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
っ、貴様....!!
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
生意気な人間が...!!
















セフンとベッキョンがルーカスに襲いかかろうとした瞬間、






















2人は気配を感じ後ろを振り向いた





























そしてそこにも死んだはずのヤンヤンとヘンドリーが宙に舞い、弓矢と槍を持って背後からセフンとベッキョンを襲いかかった。











































𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
𝐘𝐚𝐧𝐠𝐘𝐚𝐧𝐠
さっきの借り、しっかり返してあげる!!!!
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
𝐇𝐞𝐧𝐝𝐞𝐫𝐲
お前らなんかにテンは渡さない!!!!
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
...!?
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
っ...!!



















セフンとベッキョンはあまりにも急な反撃に動揺して、










そして避けようにもヘンドリーとヤンヤンが数ミリの距離まで空中から近づいてきていたので、










避けきれず、セフンとベッキョンは心臓に一撃を放たれた。























𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
𝐒𝐞𝐡𝐮𝐧
がはっ...ッ!!!!
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
お、お前ら....とっくに死んだ、はずじゃ...!?
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
僕が強力な回復魔法を使ったんだよ。
あれ?なんで生きてるのって思ったでしょ?
𝐊𝐮𝐧
𝐊𝐮𝐧
あの時僕は死んだ演技をしたんだ。君達に悟られないように心臓だって自分の力でとめた。おかげですっごく苦しかったけどね
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
𝐁𝐚𝐞𝐤𝐡𝐲𝐮𝐧
...ッッ!油断、していた....っ、
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
俺達のこと甘く見るからこうなるんだよ!
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
残念だったね!!














チャニョル、ベッキョン、セフンの3人は








急所に一撃をくらい、血飛沫をあげながらバタッと地面に倒れ込んだ。























𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
よし、死んだ.....、
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
𝐗𝐢𝐚𝐨𝐣𝐮𝐧
早くテンの元に行かないと!
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
城にいるって言ってたよね、
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
𝐋𝐮𝐜𝐚𝐬
急ごう、












そして5人はベッキョン達と戦った場を後にし、








テンがいる城へ足を急がした。

























































城の天井裏には3人のアサシンが身を隠し、床の隙間から大広間の様子を伺っていた。







息を潜め、獲物を狙う肉食獣のように狙いを定めている






























𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
なんであの時殺さなかったのさ、
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
カイ。










テミンは隣で身を潜めるカイを揶揄うかのような口調でそう話しかける












そしてそんなテミンに対し面倒くさそうに答えるカイ。




















𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
違うって、外したんだよ
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
へぇ~、カイが外すなんて珍しいね
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
...ほっとけ
























・
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
誰の事暗殺しようとしたの?








不思議そうにきょとんと頭を傾げるテン






















𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
僕達にとって凄く邪魔な奴らが居てさ、カイに暗殺するように頼んだんだけどカイのやつ、肝心な所で的外してさ!!
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
本当にしっかりしてほしいよね~!
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
その外した分今、ここで補うよ
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
殺しそびれたあの少年はヒョン達が相手してるから俺達はこっちに集中しましょう
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
ヒョン、作戦は?
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
まず護衛の兵士達が居るからそいつらを片付ける為に天井下を突き破ると同時に閃光弾を投げる。視界を奪って兵士達を殺す。
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
そしてその後、テヨン、そして全員の王子達を一気に片付ける。僕達は手榴弾も閃光弾も毒ガスも装備してあるし、大広間は僕達アサシンにとって動きやすい場所だから圧倒的に奴らが不利って事さ
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
なるほどね
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
さて、俺は誰を狙おうか
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
あのジェヒョンとかいう王子も良いけど横に居るジョンウとドヨンって奴も纏めて殺したいなぁ....
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
じゃあ僕はそこのテーブルの前にいるテヨンとユウタいっちゃうね!
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
あ~ワクワクが止まんない
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
テン、あの人殺したい
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
あの背の高い人
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
あ~、ジャニの事ね
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
へぇ、ジャニっていうんだ....
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
思わずキスしちゃいそうなぐらいかっこいいけど、テンの手で確実に殺してあげるね、ジャニ....♡
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
あと、ジャニの横にいる王子もね。
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
テンのジャニなのにずっと引っ付いてさ、もう嫉妬で頭がおかしくなりそう....










よして大広間の様子を伺いながら、暗殺の最終確認を行う























𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
まず下に降りて、気づかれる前に閃光弾を投げてその間に兵士を片付ける。そしてその後は僕がテヨン、ユウタ、カイはジェヒョン、ドヨン、ジョンウ、そしてテンはジャニとテイル。
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
狙った獲物は絶対に逃すな。確実に仕留めろ
𝐊𝐚𝐢
𝐊𝐚𝐢
任せてください、テミニヒョン
𝐓𝐞𝐧
𝐓𝐞𝐧
殺したくて殺したくて仕方がないよ、、ヒョン。
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
相変わらずテンは残酷な事が大好きなんだね
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
それじゃあ行くよ、






























・
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
3、

























・
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
2、

























・
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
1...、
































そして3人は勢いよく天井床を突き破り、そして作戦通りテミンが閃光弾を投げる。


















そして視界が頭が眩むほどの白色に覆われた直後、兵士達の断末魔が頭に響く。





















そして、テミンがテヨンの首を狙おうと近づいた瞬間、スレスレの所に剣が振り翳された。
































𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
ほら、やっぱり来た
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
邪魔しないでくれる?



















・


𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
ユウタ。
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
やっぱりお前達か。俺の大切なテヨンを傷つけようとする奴は許さん
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
仲良く恋人ごっこかな?
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
''ごっこ'' なんかじゃない。
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
もっかい言ったる、テヨンを傷つける奴は誰やろうとぶっ殺す。
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
ユタっ...













テヨンはユウタの胸の内でブルブルと身体を震わせている






















𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
怖いよな、ごめん
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
謝らないで...っ、
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
僕、怖いけどユタと一緒に戦いたい
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
テヨン...
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
分かった、2人で戦おう
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
でも無茶だけはしたらあかん、テヨンが怪我するとか俺絶対ごめんやからな!
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
うん!ユタも怪我しないでね、












・
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
さ、じゃあもうテヨンとユウタの事殺しに行ってもいい~?
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
もちろん、本気で殺しにいくよ。
𝐘𝐮𝐭𝐚
𝐘𝐮𝐭𝐚
おう、どっからでもかかってこいや
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
𝐓𝐚𝐞𝐲𝐨𝐧𝐠
テミン、ユタを傷つけたら許さないよ!
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
ははっ、すごい強気だね!






































・
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
𝐓𝐚𝐞𝐦𝐢𝐧
じゃ、遠慮なく殺らしてもらうよ





























next__