無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

➠ 45




















侑 side












侑:え?再婚?




父:ああ。お付き合いしてる女性とね,再婚が決まりそうなんや




治:そうなん?よかったやん




父:二人にも紹介したいから,今度予定空けといてな











俺らが父親にそう言われたのは中3の6月やった

あなたとは付き合ってもう少しで1年経とうとしとった






































侑:なぁ




あなた:ん?




侑:あなたは進路どうするん?




あなた:んー侑は?




侑:俺は稲荷崎高校に呼ばれてん















中3の6月といえば

もう進路を考える時期やった

俺は稲荷崎高校から

バレーで推薦が来とったからもうほぼ確定やった










あなた:じゃああたしも稲荷崎受けるよ!




侑:え?ええの?




あなた:うん!特別行きたい高校もないし,侑と一緒の学校がいいから!










あなたはそう言って笑ってくれた












侑:したら高校でもずーっと一緒やな




あなた:そうだね!高校でもよろしくね?




侑:当たり前やろ?ずーっとよろしくしたるわ




あなた:何それ( 笑 )
















あなたと笑い合えるこんな毎日が

俺にとっての幸せやったのに

ある日突然______それは壊された。




































侑:再婚相手ってどんな人なん?




父:綺麗な人やで。ええ人や




治:へぇー




父:あと……" 侑と治の同い年の娘さんがいるらしいで "























俺らと同い年の娘がいる?

俺は父親のその言葉を聞いた瞬間

何故か胸がざわついた


















父:あ,おったおった




母:こんにちは……!




治:え………?




侑:嘘……やろ………?





















父親に案内された所に座っていたのは

綺麗な新しい母親

そして______


























あなた:なん………で………?




























俺の大好きな______彼女やった。