無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

➠ 65




















角名 side











紗奈:りんくんどこ行く?




角名:え?




紗奈:あ,私あそこ行ってみたい!




角名:ちょ………!

















話があるからと言って着いてきたのに

俺は紗奈に振り回されていた

















角名:ねぇ紗奈




紗奈:んー?




角名:話って何?


















ようやく落ち着いた時に話題を切り出せた

紗奈は俺の幼なじみだけど

家庭環境が複雑で

確か今は母親と暮らしていた





















紗奈:………あんなぁ
























『 ウチ,再婚する事になったみたいなんや。』



























角名:え………?




紗奈:びっくりやろ?めっちゃ今更やし


















紗奈の父親は病気で他界していた

父親の事を愛してやまない母親は

誰とも再婚なんてしない

一人で娘を育てていける

そう言って長年片親でいたのだ




















角名:………どんな人なの?




紗奈:優しそうな人やったで。お父さんにそっくりや




角名:………そっか。良かったじゃん




紗奈:よかった………?



















紗奈は顔を上げた

紗奈の顔は_____瞳の色がなかった





















紗奈:どうしてあんなにお父さんの事が好きで今まで自分で頑張ってきたのに……何で今更別の男と再婚なんてするん?




角名:え………?






















紗奈はお父さんが大好きだった

だからきっと

再婚が許せなかったのかもしれない
























紗奈:なぁりんくん




角名:?




紗奈:りんくんはずっと私の傍にいてくれるよな?























『 お母さんみたいにお父さんから離れたりせず

りんくんは私の傍にいてくれるよな____? 』






















そう訴える紗奈は

まるで捨てられた子のようだった
























角名:………うん。傍にいるよ




紗奈:………!ほんまに………?




角名:うん。俺はずっと紗奈の傍にいるから




紗奈:りんくんッ……ありがとう………






















俺にも

自分の感情に蓋をしないといけない時が

来たのかもしれない______。













✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

現在下書きが75話までしか書いていないと
何回か話題に出させていただいたのですが
あれから書き進めることが出来ず残り10話まで来ました。

今書いている物語がまだ書き進められているので
新しい物語の下書きを完結させるまでは
恐らくこっちの物語を書き進めるのは難しいです。

なので75話まで更新し終えたら
新ストーリー下書き完結させるまでは
一次更新を休止させて頂く事になるかと思います。

いつも楽しみにして頂いている方には申し訳ございませんが
よりよい物語が書けるよう把握をお願い致します🙇‍♀️