無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

➠ 46




















角名 side





















あなた:角名くん!




角名:!あなた




あなた:どうしたの?急に呼び出して




角名:あ,いや……その……




あなた:?










合宿を終えた翌日

俺はあなたを呼び出していた









あなた:とりあえず座る?




角名:……そうだね




あなた:合宿お疲れ様!疲れたでしょ?




角名:……うん,まぁね










俺達は公園のブランコに腰掛けた

あなたはいつも通りの笑顔で話しかけてくれる









角名:……あのさ




あなた:ん?




角名:侑,何か言ってた?




あなた:え?侑?











あなたは首を傾げた

何も言われていないのだろうか












あなた:ううん。侑には何も言われてないよ?




角名:……そっか




あなた:あ,そう言えば花火大会の時はごめんね……!




角名:え?




あなた:侑があんな事言って………













あなたは眉を下げながら謝った

けど真実を知った俺からしてみれば

花火大会の時の侑の行動や言動も

俺達の接触に過敏になることも

他の子を近付けようとして怒るのも

全部______納得がいってしまう




















角名:………あのさ




あなた:………?




角名:あなたの忘れられない元カレって……























『 侑なの______? 』

























俺がそう聞いた瞬間

あなたは目を見開くようにして驚いた














あなた:………侑から……聞いたの………?




角名:……合宿中,侑の元カノの話になった時に……侑の携帯の待ち受けを見ちゃったんだ




あなた:待ち受け………?




角名:うん。侑とあなたの2ショットだった




あなた:え………?














あなたは驚いた顔をしていた

きっと侑が待ち受けにしていた事は

知らなかったのかもしれない
















角名:元カノはあなたなの?って聞いたら侑は認めたよ




あなた:え………




角名:" 俺の元カノはあなたやで "ってはっきり言ってた

















あなたはそれを聞くと眉を下げて俯いた



















あなた:………そうだよ




角名:え………?




あなた:あたしの初恋の相手も,初めての彼氏も,未だに忘れられない好きな人も
























『 全部______侑の事だよ。』