無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

➠ 57




















侑 side






















侑:ッ何やねん急に










俺は我慢の限界が来た

全てを言ってしまおう

そう思った時に____あなたの友達に止められた










はるか:ッあんなの良くない!!




侑:は……?




はるか:あんな勢いで言って全部壊そうとするなんて絶対に良くない!!










此奴は怒った顔で俺にそう言いよった












はるか:確かに言ってしまえば侑くんは楽かもしれない




侑:………




はるか:でもあなたは?




侑:え?




はるか:あなたはこの関係がバレないように必死に行動してきたんやないの!?














確かに俺がキスした時

" 誰かに見られたらどうするの……!? "って怒られた

それだけあなたは自分の気持ちを押し殺してまで

周りの事を気にしとった











はるか:あなたから全部聞いとるから侑くん達の関係も侑くんの気持ちもわかっとるよ




侑:え?




はるか:あなた,私に全部話してくれたんよ

















全部______話したんか
















はるか:あなた,必死だった




侑:え?




はるか:バレたらきっと侑くんや治くんも周りから色々言われるだろうし……親にも迷惑がかかる





















" だからバレないように必死に行動してきたんよ "

それは何となくわかっとった

でも俺はそれが嫌やった
















はるか:ねぇ侑くん




侑:?




はるか:あなたが何で……女の子達を家に連れ込んだかわかる?




侑:それは……友達を作る為やろ?















俺達を利用しないと友達が出来ない

実際に本人もそう言っとった













はるか:私も侑くんからその話を聞いとったからそうやと思った




侑:………




はるか:でも……本当の目的は違った




侑:え………?
















本当は______違う?

















はるか:あなたが女の子を連れ込んで侑くん達に近づけようとすることで……安心した人がおった




侑:え?




はるか:………あなたのお母さんや




侑:………!




















あなたのお母さんは

多分俺達が付き合っとったことに気付いとる

やから俺達が二人でいる事を

すごく_____心配しとった




















はるか:女の子達を侑くん達に近づけようとする事で少なくとも" 私はもう侑くんの事何も思ってないから "っていう素振りをとることができた




侑:え………




はるか:………あなたは























『 もうちゃんと兄妹だよって事がわかって欲しくて

女の子達を家に連れ込んどったんや。』




















はるか:お母さんにそうわかってもらえれば侑くんも変な疑いかけられなくて済むし居心地もよくなると思った




侑:………




はるか:あなたのお母さんも……再婚して良かったって改めて思ってくれると思ったんや






















あなたは

俺達家族の為に______?






















はるか:あの子は周りの幸せの為なら自分を犠牲にしてでも行動する子や




侑:………!




はるか:自分を犠牲にまでしてるあの子の努力を……侑くんが壊してもうたら意味ないやろ!?






















俺………そこまであなたは考えてくれとるなんて

全然_______知らんかった


















はるか:侑くん




侑:………?




はるか:辛いのは………侑くんだけやないよ




侑:………!




















『 あなたやって侑くんと同じくらい

いや,それ以上………苦しんどるんやで。』























何で_______気付いてあげられなかったんや。