無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

弐拾伍 柱―陸
冨岡義勇
冨岡義勇
15分で全ての型ができるようになるなんて……
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
やっぱりあなたちゃんは、天才だわーー!!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
拾ノ型以外は1回で……
鍛錬してないのにも関わらず……
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
全集中の常中も、意識しないでできでいる!!
よもや、言うことがないな!!
私は、みんなに褒められ、はにかんだ。
あなた

いえいえ…//
皆さんが手伝ってくれたおかげです!!
本当に、ありがとうございます!

あなた

柱の皆さんに手伝ってもらえるなんて、滅多にない機会なので、すごく嬉し……

そう言いかけた途端…



ドガガァァァッ!!!!!


少し離れたところから、人の叫び声と大きな音がした。
ハッとして、音のした方へ走った。
へへへっ!!!!
あなた

水の呼吸 壱ノ型 水面切り!!

グワッ……
鬼が何匹もいる。
あなた

水の呼吸 弐ノ型 水車!!!

グッ……
私は、そこにいた全部の鬼を倒すと、ハァハァ…と息を切らし、後ろを向いた。

柱の人たちがポカンと見ている。
あなた

あっ…えっと……

私があはは…と笑っていると、
宇髄天元
宇髄天元
派手にスゲェーー!!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん、最初に倒したの、下弦の鬼よ!!
冨岡義勇
冨岡義勇
まさか……
伊黒小芭内
伊黒小芭内
信用しない……
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
よもや!流石俺の継子だ!
時透無一郎
時透無一郎
あなた、凄い!!
不死川実弥
不死川実弥
帰ろうぜェ!!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさん、凄いですよ!!
みんなに、褒められた。

私は思わず、えへへっと笑った。

つづく…