無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

拾弐 柱―壱
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
お館様があなたさんと会いたいと申してました!
私は、甘味処で胡蝶さんに突然言われたことに驚いた。
あなた

ええっ!?

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
鬼殺隊に入って欲しいらしいですよ。
あなた

ええっ!?鬼殺隊かぁ……

怒られるわけではないと分かり少し安心した。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あと、冨岡さんが、渡したいものがあるらしいです。
あなた

冨岡さんが…?

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はい!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
これからある柱合会議に参加していただけませんか?
あなた

分かりました。

あなた

参加します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここが…お屋敷か。

大きいなぁ………

私は目の前にあるお屋敷を見た。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
こちらに、入ってください。
あなた

は、はい!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あ、しのぶちゃん!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
えええ!!!!!
可愛い子連れてきた!!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
皐月あなたさんです。
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
お館様がおっしゃってた人か!!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そうです。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃よ!
私は、優しそうな甘露寺さんをみてニコッと笑った。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
可愛いいい!!!!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
可愛らしい少女だな!!
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
俺は煉獄杏寿郎だ!
あなた

煉獄さん、よろしくです!!

時透無一郎
時透無一郎
あ、あなたちゃんだ!
振り向くと、この前胡蝶邸の診察部屋で会った時透さんがいた。
不死川実弥
不死川実弥
あァ?
知り合いかァ?
傷が沢山あって見るからに怖そうな人が現れた。

つづく……