無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

390
2021/06/19

第5話

第4話
1週間後
五条
五条
おーい!そろそろ行くよー!
音華
音華
うぅ、、行きたくない、、
尚人
尚人
がんばろ、、
湊
めんど、、
五条
五条
変装すれば?
音華
音華
そだね
音華
音華
黒影術式『影身』
パァァァ
月華
月華
イエイ☆
月斗
月斗
ふわぁ、、
月夜
月夜
行きたくねぇ、、
五条
五条
あれ?それ僕たちと出会った時のやつ?
月華
月華
そうそう、これ顔も隠れるからちょうど良いんだよね
五条
五条
じゃあ行くよー
月華
月華
はーい
移動中
コンコン
五条
五条
失礼します
月華
月華
失礼します
月夜
月夜
失礼します
月斗
月斗
失礼します
根津校長
おぉ、あなた方が呪術師の方々ですね?←喋り方知りません
五条
五条
よろしくお願いします
月華
月華
(はぁ、、傑兄の言葉通りだよ、、)
月華
月華
(こんな猿どもさっさと消えれば良いのに、、)
根津校長
それでは今回の護衛はバレての護衛ですのでよろしくお願いします
月華
月華
あぁ、、すみませんが
根津校長
はい?
月華
月華
少しお願いがございます
根津校長
こちらが依頼したのでなるべくは聞きます
月華
月華
ありがとうございます
月華
月華
まず、、1つ目
月斗
月斗
授業中の電子機器を触ることと授業を抜け出す許可
月斗
月斗
2つ目
月夜
月夜
我々はヒーローと喋る理由がないので
月夜
月夜
必要と思ったこと以外は答えません
月夜
月夜
ですが一応先生方のいうことには全て聞きます
月夜
月夜
3つ目
月華
月華
我々はそちらが依頼したものを嫌々やっています
月華
月華
ですので我々の機嫌を損ねるようなことを言った場合
月華
月華
我々はすぐに護衛をやめさせていただきます
月華
月華
4つ目
五条
五条
ヴィランが出た場合我々は戦いません
五条
五条
ですがもし本当に危なそうだったら
五条
五条
護衛ですのでヴィランを倒します
五条
五条
以上です
根津校長
、、分かりました許可します
月華
月華
ありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーーーーー