無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

411
2021/06/18

第3話

第2話
音華
音華
はぁ、、まじ?
音華
音華
これからあんまり歌歌わないようにしよ、、
五条
五条
がんばれー
音華
音華
ていうか絶対行きたくない!
虎杖
虎杖
釘崎
釘崎
なんの話よ?
音華
音華
五条先生が私たち3人を雄英高校に護衛に行けっていうの!
釘崎
釘崎
はぁ?!
釘崎
釘崎
それは聞き捨てならないわね
音華
音華
やだよ私あんな腐ったみかんのバーゲーンセールの場所なんて!
釘崎
釘崎
そうよ!あんなゴミみたいなとけに連れていくの?!
五条
五条
いや、僕だってやだよ?!
釘崎
釘崎
じゃあなんでよ!
五条
五条
だって上層部が!____
釘崎
釘崎
上層部のせいにすんな!だいたいあんたはね!______
五条
五条
ぎゃーぎゃー
釘崎
釘崎
わーわー!
音華
音華
これ、どうすれば良い?
尚人
尚人
素直に現実を受け止めて
湊
腐ったみかんのバーゲーンセールの場所に行く
音華
音華
やだぁ、、
尚人
尚人
まぁまぁ、、
音華
音華
うぅ、、
音華
音華
もう!お兄ちゃん!
五条
五条
なに?
釘崎
釘崎
ちょっと!はなしは
五条
五条
どうどう、、
五条
五条
で?どうしたの?
音華
音華
変装姿で良いなら行く、、
五条
五条
ほんと?!
音華
音華
うん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー