無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,466
2021/06/27

第18話

3
ちゅーーっと音のなりそうなくらい吸い付く豆ちゃん。赤ちゃんみたいで可愛すぎる。
そして、豆ちゃんは慣れた手つきで下着を下ろさせ、ゆっくりと指を入れていく。













貴方
貴方
あっっ、豆ちゃんっっ
一成
一成
痛い?
貴方
貴方
豆ちゃんのが欲しぃ








私は自分でも何をゆっているのか分からないくらい、スラスラと出てきた恥ずかし言葉。すると、真っ赤にする豆ちゃんは、ゆっくりキスをしながらスボンを脱いでいく。そして、今さっきコンビニで買った袋の中からゴムを出す。














貴方
貴方
え?今さっきコンビニで買ったのって
一成
一成
ちょっ、静かにしてっ







恥ずかしそうにゴムをつける豆ちゃん。
そして、ゆっくりと中に入れたの思ったけど









一成
一成
ねぇ、もっかいゆって?
貴方
貴方
え?
一成
一成
ほら、入れて欲しいでしょ?
貴方
貴方
……このやろっ
一成
一成
はやく
貴方
貴方
……豆ちゃんの入れてください。







すると、勢いよく入れる豆ちゃん。
激しくて腰が砕けそうだ。
奥を突きすぎて痛いくらい。














貴方
貴方
あっあっ!!
豆ちゃんっっはげしぃっ








豆ちゃんは、はだけた制服で必死に私の腰を掴み中をかき乱す。









一成
一成
はぁっ、きもちっ
貴方
貴方
いくいくっっ
一成
一成
はぁぁぁー、おれもいきそっ
貴方
貴方
ねぇ、ちょーだぃつ
一成
一成
んっっ!












すると、豆ちゃんは最後に一突きし、中からブツを取りだし、私の顔の前にゴムを外したブツを突きつける。
それを、私は咥えると口の中で弾ける豆ちゃん。













貴方
貴方
んっっ
一成
一成
出していいよ?



ごくっ



一成
一成
え?!飲んだの?
貴方
貴方
うん
一成
一成
大丈夫?
貴方
貴方
うん。それより、慣れてるね……
一成
一成
あ、いや、初めてなんだよな
貴方
貴方
一成
一成
ずっと、あなたとしたくて
貴方
貴方
は?
一成
一成
付き合ってよ
貴方
貴方
……ぅん
一成
一成
え?!ほんと?!
貴方
貴方
ぅるいなぁ。ぅん
一成
一成
やった!!!もっかいしよ!
貴方
貴方
いや、勉強しよっ、きゃっ!!!







今回もアホふたりは赤点ですね。