無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,624
2021/06/23

第9話

誕生日プレゼント feat.川西拓実 1
たっくん誕生日おめでとぉー!!!!








拓実
拓実
ありがとうみんな!




今日は私たちの姫、川西拓実の誕生日です。23になりました〜。
ってことで、サークルの仲良し数人とたっくん宅で誕生日パーティーを開催中。





貴方
貴方
たっくん、これプレゼント!
拓実
拓実
え、ホンマに?ありがとう!
なんやろなぁ〜♪
貴方
貴方
そんな大したものじゃないよ。笑





たっくんはサークル内のアイドルでみんなから好かれている。そうモテモテ。でも、一生彼女作らないのか、告白されても全て断ってるみたい。
まぁ、勇気の出ないたっくんファンの私にはありがたいことなんだけどね。笑







拓実
拓実
うわ!これ、俺が欲しいってゆってたやつやん!





たっくんとはサークルでは常に一緒にいるくらい仲良い。だから、この間、欲しいんよなぁーってゆっていたキーケースを買ってあげた。






拓実
拓実
ほんまに嬉しいわ!
あなたありがとう!
貴方
貴方
いえいえ、その嬉しそうな顔見るだけで幸せです笑
女の子
女の子
ほら、乾杯するよー!









その後は、みんなでたっくんをべっろベロにするまで飲ませる予定だったんだけど。。。






拓実
拓実
おぃー、みんな潰れるとかやめろよー
俺ん家やぞぉ〜


俺主役なのにって、言いながら開始3時間、めっちゃめっちゃお酒を流し込んだのに酔わずに1番最後まで残るたっくん。
ちなみに、たっくんは酒豪で今年こそとみんな頑張ったけど、完敗でした。






貴方
貴方
たっくん、トイレかりるっ




そう私もその1人。
ゲロゲロっとトイレで吐くと、そのままトイレでダウン。




拓実
拓実
おーい、あなた???
大丈夫かーーー





トイレの外からトントンってドアを叩かれるけど返事をする元気もなくへこたれていると









げっ!マジかよっ。
そう言いながらトイレに入ってきたたっくん。






貴方
貴方
んーーたっくんー
拓実
拓実
ちょ、しーー!!







すると、ドンッ!とトイレのドアが音を立てる。よく耳を澄ますと、あっあっという声も聞こえてくる。
そのせいで一気に目が覚める私。





貴方
貴方
え?ちょどゆこと?
拓実
拓実
いや、翔也と麗美が…………
貴方
貴方
ん??たっくん?
拓実
拓実
あーー、あなたその、あの、俺酔ってるかも
貴方
貴方
え??
















たっくんの様子がおかしいと思った瞬間、唇に柔らかいものが当たる。





















拓実
拓実
ごめん、耐えれない。