無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
83
2021/07/25

第3話

3話
あなたの下の名前side
私はあの日(お弁当を渡した日)から毎日


「白布さんにお弁当を作っては渡す」


という生活を続けている


それもあってか
いつの間にか私は白布さんのことを


「 賢二郎 」

と呼ぶようになった
あなた
賢二郎!
白布賢二郎
白布賢二郎
今日も弁当ありがとな
あなた
全然大丈夫!
白布賢二郎
白布賢二郎
そういえばさ
あなた
うん?
白布賢二郎
白布賢二郎
あなたの下の名前は...夏休みやりたいこと何かある?
あなた
急にどうしたの?w
白布賢二郎
白布賢二郎
ちょっと気になった
あなた
私は...花火とか夏祭りとか行きたい!
白布賢二郎
白布賢二郎
定番だなw
あなた
定番でも楽しいことはやりたいじゃん!
あなた
というか賢二郎こそなんかないの?
白布賢二郎
白布賢二郎
俺は海とか....?
あなた
いいじゃん!
あなた
誰か一緒に行く相手とかいないの?
白布賢二郎
白布賢二郎
いない
あなた
そうなんだ...結構意外かも!
白布side
「あなたの下の名前と行きたい」   けど!

いざ誘うとなると意外と勇気いるもんなんだな。
白布賢二郎
白布賢二郎
あなたの下の名前は行く相手とかいんの?
あなた
私は...友達とか...かな?
友達かよッ!!
確かに普通に考えたら友達になるか...
あなた
エフシッ(くしゃみ)
あなた
ごめん...
白布賢二郎
白布賢二郎
別に気にすんな
くしゃみも可愛いのかよ...


ちょっと変わってるけど...
白布賢二郎
白布賢二郎
お前って聞き上手とか言われねぇの?
あなた
え?
あなた
たまに言われるかな...
白布賢二郎
白布賢二郎
ふーん
いつか本音が出そうで怖いな。
♧*:;;;;;;:*♧*:;;;;;;:*♧*:;;;;;;:*♧*:;;;;;;:*♧*:;;;;;;:*