プリ小説
一覧へ

第1話

僕と君
泣き虫が笑った。
いつも泣いてばかりだった君が、その大きな瞳に涙を浮かべたまま、にっこりと笑った。
あの時の君の笑顔が、どうしても忘れられなくて。
俺はその笑顔に、今だってすがり付いているんだ。


「こっちが莉央ちゃんで、こっちが玲央くん?
本当にそっくりねぇ」
僕たちは双子。
誰が見ても、みんな「そっくりね」と笑い、親でさえ間違えるくらいだ。
いちらんせいそーせーじ、っていうらしい。
でも、僕とリオは全然違う。
僕の方が少し背が高くて、お兄さんだ。
かけっこも得意だし、ケンカだって強い。

リオは運動が苦手で、代わりにお勉強が得意。
覚えるのも得意で、本もたくさん読むからいろんなことを知ってる。
でも、とっても泣き虫だ。
僕が守ってやらないと、一人じゃ心細くていつも泣いてる。
だから、僕とリオはいつも一緒。
これからも、ずっと、ずっと。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

三池ひまり
三池ひまり
バドエン好きです。基本壁打ち。 だらだらもちもち書いています。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る