無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

ギュッ…

私を抱きしめてくれた…

それは涼介だった…






何も言わずに落ち着くまで抱きしめてくれた




私はあまりの心地よさに寝てしまった…




山田 ったく…

中島 や、まだが…

山田 あっ…


忘れていた
メンバーの存在を
気づいた時にはメンバーが口をあけて放心状態に
なっていた


有岡 あなたちゃんすげー!

他メン シーッ!

あなた ん…zzz

髙木 セーフ

八乙女 大ちゃんうるさい

知念 涼介ってあなたちゃん好きなの?

山田 んなわけ

伊野尾 顔に書いてる〜

岡本 涼介どーなの?

山田 ま、まぁ?

薮 ヒューヒュー

知念 ま、あなたちゃんだったら
   いいんじゃない?
   僕より可愛いし

有岡 あっ、認めた











メンバーに言っちゃった…
でも、あいつは…あなたは…前の女みたいなことは
絶対に…絶対にしない…










next

文おかしくてすみません!
いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!