無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

♡♡
〜朝〜

AM5:30

あなた さっご飯をつくりましょう!

カタコトカトコトチンッカチャカチャ((すみません適当に書きました…



AM6:00

山田side

キッチンから物音がする
この家で料理ができるのは俺くらい
泥棒…まさかね…
もしかして、あいつか…?
とりあえず、見てみよう…









(山田は恐る恐る、キッチンへと向かった

あなたは料理に夢中で気づいていない



山田 何やってる

ビクッ
一瞬背中が凍りついた

あなた えっと…お世話になったので…朝ごはん
     でもと…思いまして…

山田 勝手なことするn…


やっぱりダメだよね…
迷惑だよね…


知念 今日くらいいいんじゃない?


えっ…


山田 知念…

知念 せっかく作ってくれてるんだから

山田 わかったよ

あなた すみません…

知念 すぐ謝らない!そこがあなたの悪い癖

あなた すみません…あっ

知念 ww
   涼介、他のメンバー起こしてこよ?

山田 …あぁ

AM6:30

有岡 美味そー!
   誰作ったの?

あなた 私です…
     お口にあうかわかりませんが…

山田 口に合うわけねぇだr…

有岡 んまい!
   なにこれちょー美味いんだけど

知念 えっ?どれどれ…
   ホントだ…美味しい!


良かった…喜んでもらえて…
家事は私が全部やってたからな…
こういうのには慣れてるんだよね…

中島 山田も食べてみなよ
   美味しいよ

山田 俺は食わねe…

知念 ほら!

そう言って知念は山田の口には料理を突っ込んだ

山田 ちょ…

八乙女 どお?

山田 美味い…(ボソッ)

岡本 なんて言ったか聞こえない

山田 だから、美味いって言ってんの

髙木 だって!
   あなたちゃん!

薮 よかったね

あなた はい
     ありがとうございます
薮 伊野ちゃん、しゃべんないなんて珍しいね

伊野尾 (無視)

有岡 俺よりいっぱい食ってる…

伊野尾 だって美味しいんだもん〜

山田、あなた、伊野尾以外 ww

髙木 あっそうだ、あなたちゃん、 
   敬語やめない?なんかさ、距離感を感じる
   んだよね

知念 あっそれ僕も思った!

あなた 皆さんが良ければ…

いいに決まってるんじゃん!
そう答えてくれた
なんか嬉しい
でも、1人だけ何も答えてくれなかった
私のこと嫌いなのかな…?
 

山田 ……


next 

長過ぎましたね…

いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!