無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

◇◇◇
あいつが自然に笑ってる…

八乙女 服は?どうしたの?

あなた 衣装さんに箱につめてもらってます

薮 部屋、衣装多すぎてビックリしたでしょ

あなた はい!
     初めて見たのでびっくりしました!






あいつの喋り方気に食わねぇ



山田 あのさ、タメにしてもらえないかな?
   俺達も気使わないといけないからさ
   みんなもそう思ってるだろ?

岡本 それはそうだけどさ
   そんな一気に言わなくてもいいんじゃない?

知念 涼介がさ、女嫌いってこと、昔っから
   知ってるけどさ、そんなに言わなくても…






山田さんって女嫌いだったんだ…
なのに私…
   


山田 こいつは違う…

皆 えっ?

山田 こいつは…俺のこと、ちゃんと人間って
   見てくれる
   顔がいいからとかそういうんじゃない…






シーン…

あなた っもう!
     わかりました!

皆 えっ?

わ…またビックリしてる…

あなた 山田さんがそう言うなら、私タメでも…
     私のせいで、皆さんの仲が悪くなるのは
     嫌なんです!
     だから、私にできることがあるなら……



言葉が詰まった……どうしよう…


山田 俺のことは涼介でいい

あなた えっ?

山田 トイレ行ってくる


ガチャバタン

知念 あの涼介が……ね

伊野尾 テキトーじゃない…

髙木 いや、そこじゃなくて…山田元々テキトー
   じゃないから

有岡 あの事あってから、山田が女の人に
   "涼介"って呼べなんて聞いたことなかったか
   らな……

中島 あなたちゃんのおかげだね!
   女嫌い克服?できたの

知念 ありがとう!





"ありがとう…"

嬉しい……





next

いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!