無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

☆☆☆
気づいたら知らない天井や匂いに包まれていた

あなた ここはどこ?

?? おっ起きた!

?? 君、大丈夫?



誰?何が起きてるの?どういうこと?
男の人?何もしないよね?

あなた ハァハァハァ
?? 大丈夫?ゆっくり深呼吸して
あなた スゥーハァー ハァハァ
この人たちはいい人なのかな?
叩いたり殴ったり蹴ったりしないかな?
?? 君、名前は?
あなた 星川あなたです…
?? あなたちゃんかぁ
  俺は薮宏太、よろしくね
あなた よろしくお願いします…
?? 僕は知念侑李
あなた 可愛い…
ん?薮宏太に知念侑李?
どこかで聞いたことがある名前…
Hey! Say! JUMP?のメンバー?
えっ?まさかね…だって有名人でしょ?
いや、でも、この顔…ここにいる人たちの顔テレビで見たことある…
あなた えっ?
知念 どうかした?

あなた Hey…Say…JUMP?
薮 知ってるんだ俺たちの事
  もしかしてファン?

山田 んなわけねぇだろ

あなた はい…ファンです…
     グッズ1つも持ってないけど…
     なんで私ここにいるんですか?

山田 俺と知念が買い物から帰ってくるときにお前
   が、2人の男に襲われてたから声かけたら
   男が逃げていってお前が気、失ったってわけ
   で、俺と知念がこの家に運んできたの

あなた そう…なんですか…

中島 なんであなたちゃんはあんなとこ歩いて
   いたの?普通、夜女の子だったらあんな
   人いないとこ通らないでしょ
   それに体の痣何?




痣見たんだ…
痣だけは見られたくなかったな…
でも、救ってくれた?から話さないと…
どんなに嫌なことでも…



next

いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!