無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

◇◇
衣装室

衣装さん ささ、入って入って

あなた 失礼します


衣装室はHey! Say! JUMPの楽屋と同じく
片付いており、たくさんの衣装がハンガーにかかり
綺麗に整頓されていた


衣装さん あ〜もうそんなにかしこまらなくて
     いいから
     歳も近いと思うから
     あなたちゃん何歳?

あなた 17歳です

衣装さん えっ若いわねぇ
     私なんか、27歳のおばちゃんよ

あなた 全然、おばちゃんなんかじゃ
     ありませんよ

衣装さん お世辞ありがとう
     ここにあるやつ好きなの持っていって


衣装さんが指差したところには、たくさんの衣装が
あった

あなた え…
     こんなにたくさん…

衣装さん いいから、これでも少ない方だよ
     あっ持って買えるの大変だったら
     私が車で持ってくから

あなた いやいやいや…

衣装さん できれば、3分の1もらっていってもらえ
     ればな…


断れない、それがあなたの悪い癖

あなた はい

衣装さん えっ?いいの?ありがとう!
     じゃ、箱に詰めとくから、楽屋に戻って
     いいよ!

あなた はい!
     ありがとうございます!


〜Hey!Say!JUMP楽屋〜

ガチャ

髙木 おかえり!
   どうだった?

あなた たくさんもらいました!


こんなに爽やかな気持ちは初めてだな…
皆の言う「ふつう」って私にとっては
分からなかった
でも、こういうことが皆の言う「幸せ」
「ふつう」なのかな?
皆に感謝しないと


あなたは初めて皆の前で自然に笑った












next

毎日更新するとか言って…
言い訳ってなるとGBなくてアプリ開けませんでした
今やっと父の携帯からWi-Fiを出してですね
開きました!
あっMステみました??
Hey! Say! JUMPめっちゃカッコ良かったですよね!?

いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!