無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

〜楽屋〜

メンバーの後ろを金魚のフンみたいについていくと
"Hey!Say!JUMP様"と書いてある部屋の前に着いた

皆、慣れたように入っていく
私はこういう部屋初めてだったから緊張している



あなた 失礼します…


部屋はきれいに片付いており、良い匂いがした…
皆、所定の位置?に行くと座ったり、鞄から物を
出して準備したりくつろいだりしている


薮 俺、衣装さん呼んでくる


そう言って薮さんは部屋を出ていった

山田 そこ立ってても邪魔だからそこに座って


さっきまで優しかったのにまるで嘘みたい

あなた はい…

知念 あーもう、あなたちゃん怖がってるじゃん
   優しくね涼介♡

山田 お、おう…


なんか知らねぇけど知念の語尾に♡がついてた
男かって思うくらいそれが可愛い

薮 呼んできたよ〜!

衣装さん あなたがあなたちゃん?

あなた はい…


女の人で良かった…
男の人だったらやばかったもん

衣装さん 思ってたより可愛いわね
     スタイル良いし
     これなら服なんでも似合うわね

中島 良かったね

あなた ありがとうございます

衣装さん そんなに緊張しなくていいから
     リラックスリラックス
     じゃあ、私についてきて!

あなた はい

伊野尾 いってらっしゃーい






next

いいね❤お気に入り⭐よろしくお願いします!