無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

地霊殿編
お燐
お燐
えーっと、この資料はさとり様に渡せばいいんだっけ…ジー(¬_¬)
これこいし様のお菓子リストじゃん…
これはお空に渡した方がいいんじゃ…まぁいいか
ドスンドスンドスンドスンドスンドスン

シーーーーーーン
お燐
お燐
…え?
今のなんなn
さとり
さとり
お燐!お空!
ちょっと来てくださーーーーい?!
ちょ!貴方達ほんとに誰ですか!
お、お燐!お空!は、はやくしてください!
お燐
お燐
え?!今行きます!
お空
お空
お燐~
今の何~?
呼ばれたけd
お燐
お燐
お空!
そんなこといいから!
行くよ!
お空
お空
分かった~
(こいし様におつかい頼まれたんだけどな~…お菓子の…)
ダッダッダッダッダッダッ
お燐
お燐
失礼しますッ!
何が…え?
なぴ
なぴ
い…いだいよぉ
そあら
そあら
痛…
ってあれ?あんま痛くない…
よっしゃぁ!
ぽちいぬ
ぽちいぬ
ちょ!そくん!
重いから!つぶれるから!
どーいーてー!
あまね
あまね
えっと…何でいるのかはわかりませんが浦島坂田船の皆さん、潰しちゃってすみません〰!
志麻
志麻
だ、大丈夫大丈夫…
歌い手グル
チーン(目回してる)
(あーるんセンラ浦田)
坂田
坂田
お前ら…大丈夫か?
さとり
さとり
あ…貴方達誰ですかッ!
人の家に勝手に上がるのは不法侵入ですッ!
歌い手グル
う、うわぁぁぁぁぁ、すみません!!!!!!
落ち着きを取り戻し、目を回してた人も起きた頃…
さとり
さとり
なるほど…貴方達は自分の世界でゲームをしようとしたら、光がでて、吸い込まれたと…
大体把握しました…
あーるん。
あーるん。
そうなんです…
あれ?誰かこの事言ったか?
センラ
センラ
言ってない…
何でわかるんですか?
さとり
さとり
分かりますよセンラさん
センラ
センラ
えっ…何で俺の名前を…
さとり
さとり
あっ、申し遅れました
私、古明地さとりと申します
この地霊殿の主でさとり妖怪です
さとり妖怪とは、古来より伝わる妖怪で、思考を読むことが出きるのです
私にもその能力がありこの三つめの目、“サードアイ”のお陰で他人の心の中を詠めるのですよ
だから名前も何があったのかも分かるのです
うらたぬき(浦田)
うらたぬき(浦田)
なるほど…
分からないけどつまりは心の中を読めると言うことで…
さとり
さとり
分かってるじゃないですか…
貴方達の名前は分かるので自己紹介は結構です
しかしこちらは自己紹介をしなければなりませんね…
お燐、自己紹介を
お空はこいしを連れてきてください
お空
お空
はーい!
お燐
お燐
わかりました

私はお燐と言います
地霊殿でメイド?司書?まぁそんな感じで仕事してます
好きなように呼んで下さい
あまね
あまね
…猫耳ついてる…
お燐
お燐
猫ですから…
なぴ
なぴ
さっきの人…人?
うん、人だよね…
翼ついてたけど…
あれ、翼ついてるってことは人じゃなi
こいし
こいし
どっちでもいいと思うよ?
歌い手グル
ギャァァァァァァァァァァァ?!
(ぷりだむ、うしさせ)
こいし
こいし
やった!
ドッキリ成功!

こんにちわ!
私は古明地こいし
無意識を操る程度の能力でおどかしたよ!
よろしくね!
そあら
そあら
よろしくね…!
おし、テンション戻った!
さとり
さとり
こいし、驚かせるのは程々にしなさい
というか止めなさい!
はぁ…大変だわ…
お空
お空
私も私も~

私はお空って言うよ~
よろしくね~
歌い手グル
お、お願いします…
(そあら以外の今いる歌い手)
そあら
そあら
おねがいします!

って皆大丈夫?
あーるん。
あーるん。
そあら…尊敬するよ…
そあら
そあら
え?何が?
さとり
さとり
はぁ…
ジジジジジジ
紫
失礼するわよ~

ん、やっぱりいたわね
歌い手グル
ギャァァァァァァァァァァァ?!
なんか出たァァァァァァァァ?!
(そあら以外)
そあら
そあら
うん…もう慣れたかも
紫
あら、それはうれしいわ
驚かないのは貴方が初めてかもね

貴方達のお友だちのすとぷり…だったかしらね
その子達もこっちにいるわ
他の子もね
てことで貴方達には紅魔館に行ってもらいたいわ
そこにベアードアード?がいるから
さとり
さとり
わかりました…
連れていけばいいんですね
紫
そうなるわね

一緒に来てはいないけど、そこの四人も一緒にいってちょうだいね
ぷりだむ(全員)
ぷりだむ(全員)

良かった!みんな無事だ!
うらたぬき(浦田)
うらたぬき(浦田)
わかりました…
でもどんだけ来てんだよ…
こいし
こいし
お姉ちゃん!私も行っていい?
さとり
さとり
いいわよ
それじゃあ、紅魔館に行きましょうか…
__________________
稀莉愛(作者)
稀莉愛(作者)
ぐちゃぐちゃになっちゃった…
でも予告した通りに投稿したからいいね
華漓亜(作者の妹)
華漓亜(作者の妹)
もうそれでいいんじゃない?
私るぅと君に膝枕してもらってくる~
るぅと
るぅと
えぇ?!
可愛いからいいですけど…
稀莉愛(作者)
稀莉愛(作者)
いいんだ…
私も誰かに甘えたいなぁ…ボソッ
あまと
あまと
…皆!
おつベア!おつあま!
稀莉愛(作者)
稀莉愛(作者)
ちょ、なに勝手に終らせてんのあまとくん!
あまと
あまと
作者…
今からどっか遊びに行こ?
稀莉愛(作者)
稀莉愛(作者)
え?
うん、行く…

みんなまたねぇ~
おつマレ~
__________________
ないち
ないち
あまとくんいいやつだなぁ…
作者の推しだったな…

あ、次は紅魔館編だってよ~
じゃ~ね~
おつないち( ´∀`)/~~