無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

神山智洋×久しぶり
「」→神山智洋  『』→あなた


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*


ベッドに押し倒され、頬を撫でられる。


そしてゆっくりと智くんの綺麗な顔が近づき、
私の唇に智くんの温かい唇が触れた。


久しぶりの感覚におかしくなりそう 。


ちゅ、ちゅ、と軽くしたり はむはむ としたり
最終的には舌を絡ませてきた。


『ん…ふぅ…んん…んぁ…』


同時に服の中に手を入れ、胸を揉まれる。
次第にホックも外され 直で揉まれる。


『んっ!んん!んぅ…』


だんだん苦しくなってきてトントンと智くんを叩くと智くんの唇が離れた。


それと同時に二人の間に繋がる銀の糸。


「服脱がすで?」

するすると服を脱がされ露になる胸。

『恥ずかしい…』
「めっちゃ綺麗やで」


ちゅーっと突起に吸い付きもう片方を揉んだり 突起を弄ったり …


『んぁ、あん、んん…!やぁ…とも…あぁっ!』
「イったん?」


コクンと頷くと智くんは怪しく笑った。

「胸だけでイくとかあなたも溜まってたんやなぁ。
てことは こっちはもうアカンとちゃう?(笑)」


パンツの上からスーッと智くんの指が走る。


「ほら、もうパンツの上からでも分かるで?
あなたが興奮してるの。めっちゃ濡れてんもん」
『やぁ…智くん…』


パンツの隙間から指を入れ突起を摘まれる。


『ぁんっ』
「ふは、かわええ(笑)」


ズブズブ…と智くんの指が入り中をかき回される。

『んぁっ、あっ!んん…んぅ、』


くちゅくちゅ とわざと音を立てられる。

『あああっ』

そして呆気なく果ててしまった。


智くんは私のパンツを脱がし足を開かせ、智くんが私の溢れ出す愛液を舐めとった。


「あなたの甘い」
『智くん…恥ずかしいってば…』


そんな私の弱々しい声は智くんには届かず、
智くんは自分のズボンとパンツを脱ぎ私のソコに擦りつけてきた。


『んぁ…』
「挿れんで..」


グッと入ってきた智くんのモノは大きくて思いっきり中を締め付けてしまった。


「んっ、あなた…力抜けっ…て」
『む、りぃ、ぁあ!』


すると智くんは私に深いキスをしてきた。

『んん…んはぁ…んぅ、』
「ん…」


智くんが唇を離した頃には智くんの全てを受け入れていた。


「まだあなたん中きつい…(笑)
けどもう動くな?」

『う…んっ』



最初はゆっくり、でも段々スピードが上がり
そろそろ絶頂を迎えそうになる。


『んぁ!あぁ!ともっ!くんっ!イく!』

「はぁ、あなた っ…俺もやばいっ、くっ…!」


最後の智くんの大きなひと突きで果てた。





「あなた …愛してんで」

『私も…愛してるよ。智くん』


「なあ、もう1回ええ…?」


それから智くんの暴走は止まりませんでした。



end.



最近感想コメントが少なくて悲しい作者です。