無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

桐山照史×寝込み
「」→桐山照史  『』→あなた

桐山くんがドS…妄想って楽しいですよね❤︎

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*




" 朝まで寝させへんからな "


照史くんの吐息が耳にかかってゾクゾクした。


『ひゃっ!ちょ、あきとくんっ…んッ、』


顔を無理やり照史くんの方に向けられ、
上から甘いキスが降りそそぐ。


照史くんの手は私のウエストのラインをなぞりながら
服の中へ。


その手は段々と上へ行き、下着を器用に上にずらし膨らみをやわやわと揉んでいく。


『んっ、はぁ、ぁ!』


揉まれながらのキスは苦しくて、照史くんの胸を叩いたり足で照史くんを蹴ったりしてようやく離れた。


「久々やからこんな感じてるん?」
『ちがっ、』
「ふは、違くないやろ?勃ってんで、ここ。」
『んあっ、!』


ピン、と勃っている頂点を指でつねったり
弾いたりして反応を楽しむ彼。


それに満足したのか、次は私のズボンをスルスルと脱がし、下着姿にした。


下着の上から濡れているそこに チュ、と
キスを落とした。


『ぁッ!』
「今濡らしたやろ?(笑)」


悪戯な笑みを浮かべた彼と目が合い、顔をそらす。


ついに下着もとられ、恥ずかしさの余り足を閉じる。


「足閉じたら触れへんやん」
『む、むりっ』


無理やり開かせようとする照史くんに対抗して
私も必死に足に力を入れる。


「力抜けって、笑」
『うぅ…ゃ、だ』
「そんな顔すんなや、余計そそるわ」


そう言いながらまた深いキスをされる。


クチュ ..


『っ!?』

淫らな音と共に、下半身に違和感が。

『んぁぁッ!』


キスで身体全体が緩み、足に力が入らなくなったのを見計らって 照史くんの指が私の中に入ってきた。


「ちょっとでも動くと溢れてくるで」
『んぅ、言わ…ないでッ、!ぁんっ、』


段々と指のスピードも早くなり、すぐに果てた。


「イクのはや(笑)」
『るさぃ…』
「まぁでも もっと気持ちよくしたるからな」


彼も余裕なんてないはずなのに、ふと見せる
優しい笑みに胸が締め付けられる。


準備が整い、彼のがゆっくりと入ってきた。


『んぁぁっ、』
「っ、きっつ…」


全部入ると、ゆっくり動き出し、徐々にその
スピードを上げた。


『あきとっ、くん…!ぁぁッ、んぅッ』
「あなた ッ、」

ベッドが軋むくらい激しく動く照史くん。


『も、だめ…!』
「ん、俺もッ」


最後の 一突きでお互い果てた。

彼の優しい口付けに行為が終わったことを知らせる。


「すまん、ちっと激しくしすぎた」

『腰痛くなりそ、、』

「何言っとるん?こんくらいが好きやろ?あなた は」


『…ばか』



end.