無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,011
2021/07/27

第3話

二話
及川視点


あれ、昨日ネットで買った媚薬がないっ



及川「う"…」




あなたがお風呂に居るあいだに探さないと





及川「ん"ー…あった()」




なんと媚薬が目の前に…





及川「てぺ☆」








あなた視点


『ただいマンゴー』

    

及川「今日お止まりだよねっ!!」




『遅いし、そうする予定』





あ、ラーメン温まってる




及川「あ、食べる?あーんしてあげr((」





『自分で食べるわ』





あ、普通の美味しい…


てか、塩キャラメルラーメンって何だ



及川「あ…(媚薬入れる方間違えた)」←




『ん?』




なんか、なんか…顔が赤いし



及川「やっちゃった…」





『身の危険を感じた、先に寝る』





及川「え、やだ」




このままだと本当にヤバい




空いている部屋に勝手に入らせてもらい
鍵をかけた







夜中、及川の喘ぎ声が聞こえたのは秘密


及川「う"…んんッ…あなたっ…








『岩ちゃんたちに言っていじってもらお…』←