無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ぷろろーぐ

初めて知った。



人を好きになると、


こんなに温かくて幸せな気持ちになるんだ。



初めて感じた。


君を…誰にも渡したくない、と。


君を…離したくない、と。



こんなに自分がワガママな人間だったなんて…



君と出逢って




初めて知りました。



4月1日。




初めて君に出逢った。



『エリンギフールやんな!?』
近所の公園。




大きな桜の木の下で。



綺麗な桜を眺めていると、



いきなり声をかけられた。


初対面の人にいきなりこれ?と、


思わず笑ってしまいそうになるのを


必死に堪えた。


ーやけに整った顔。


スッと通った鼻筋。


くりっくりの大きな瞳。


無造作にセットされた焦げ茶色の髪。




『え、エリンギ…フール?』



『いや、

コイツがエリンギちゃう言うからさぁ』



そう、手に持っている携帯を指差す彼。


…変な人。



だけど、


くしゃっと笑う目尻。


カッコイイなー。って思った。 


『…エリンギフール…。

あ、エイプリルフール…?』
『…あ、そうか!(笑)サンキュー!』

恥ずかしそうにはにかみながら、



どこかへ走り去っていってしまった。
そんな彼の後ろ姿を見つめながら




小さく高鳴ってしまった胸をギュッと抑えた。



この気持ちが



何なのか




今なら分かる。
あの時から



運命の歯車は動き始めていたんだ。