無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

story
雪白 七海(ゆきしろ ななみ)
…ん
朝の光が眩しくて


瞼が上手く開こうとしない…。


ゆっくりと、重たい瞼を開いていくと




一番に移りこんだのは大きな天井。



うちの天井って…こんなに大きかった??



それに…青色だったはずが…



白色に変わってる…?、



え、これは…。

雪白 七海(ゆきしろ ななみ)
ここどこ!?!?


ここが自分の家じゃないと分かった瞬間、


バッと勢いよく起き上がり


ベッドから降りようとした瞬間


視界に入ってきたソファーの上には…
雪白 七海(ゆきしろ ななみ)
え、平野さん!?
あ、そういえば。


昨日、平野さんと食事に行ってそれで…



それで…




私、寝ちゃったんだ!?!?



ということは、ここ、



平野さんの家!?
というか。

目の前に見えるソファーで横たわる


平野さんの寝顔…。綺麗…


女の私でも嫉妬しちゃうくらい…


じゃなくて!




私。平野さんをソファーの上で



寝かせてしまったんだ…


なんか申し訳ないな。


食事も結局ご馳走になっちゃって


しかもこんな迷惑かけちゃったなんて…