無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

story
『ジャニーズの新星、king&Princeです。どうぞ』
学校の宿題をさっさと終えて、


これから五時間生放送される歌番組を


視聴録画する。


今日は、今バカ売れしてるデビュー曲


"シンデレラガール"を初披露するとのことで


クラスの女子たちが騒いでた。
紗綾に勧められて


ジャニーズ雑誌を定期的に買うようになって


そこそこそっち系に敏感になってきた今。
けど、TVで歌って踊ってる姿を見るのは


初めてで、何だかワクワクしてる。
king&Princeは6人組。


*リーダーの岸 優太(きし ゆうた)くん。


イメージカラーは紫。



*永瀬 廉(ながせ れん)くん。


イメージカラーは黒。


*神宮寺 勇太(じんくうじ ゆうた)くん。


イメージカラーは青。


*高橋 海人(たかはし かいと)くん。


メンバーカラーは黄色。


*岩橋 玄樹(いわはし げんき)くん。


メンバーカラーはピンク。




そして……





*平野 紫耀(ひらの しょう)くん。


メンバーカラーは赤。


明るくて人を笑顔にすることができる


紫耀くんにピッタリな色だなーって思った。


しっかりと存在感があって


いなきゃいけない存在。


立ち位置的には真ん中が似合う。


そんな人。
『君はシンデレラガール
My precious one
You're the only
flowering heroine』
『どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても幾つになっても
ボクはキミを守り続ける』


『I wanna be your sunshine
because your smile has a masic』


『I wanna Always be your sunshine
Always makes me happy!!』
私。この歌好きだ。


ノリが良くて


ダンスもカッコよくて


それに…歌声が素敵だと思う。


歌詞も全てがぐっと胸にくるっていうか。
印象に残る歌。
特に


『君はシンデレラガール My precious one 』

って所が大好き。
ここ、紫耀くんが歌ってるんだよね。
本物の王子様みたいな衣装で


カッコよく歌って踊る紫耀くんから目が離せない。
聴けば聴くほど、どんどん吸い込まれていって。


もっと、もっと知りたい。って。
初めてちゃんと見たけど、わかるよ。


紫耀くんは人一倍努力してる。


ダンスも歌も、演技も。


全部頑張ってるんだ。


こんな、テレビに出演することにも


労力を使うし、緊張するだろう。


私にはできないことを、彼はやり遂げるんだ。
本当に、住む世界が違う人だ。



けど…
そんな彼が良いと思える私は


少し、いや。かなり変わってしまった。
次、カラオケに行く時には


この"シンデレラガール"を歌おう。


一番最初に。


もっと、周りの人にも知ってほしい。


紫耀くんたちを全力で応援したいって思うから。
たった3歳差しかない私達。


それでも、住む世界が違う私達。


だけど…


それでもいいんだ。
応援したい。
私は…



彼が好きだ。
歌も、演技も、全部。


彼の全てが私を勇気づけてくれる。


素直にさせてくれるんだ。
『ありがとうございました!!』
歌い終わると、


周りのたくさんのファンに


大きく笑顔で手をふる


紫耀くんに思わず手をふり返す。
目の前にいるわけじゃないのにね(笑)


ーピロリン♪
ふいに鳴り響いた電子音に


携帯を開くと


(紗綾)『急なんだけど。明日、会えない?
会わせたい人がいるんだ♪』
紗綾からのLINE。
明日は…土曜日。


学校も休みで、特に用事もなかったから


私は即、
"了解"と返した。
紗綾の会わせたい人って…


誰だろう??


どんな子なんだろう?


仲良くなれたらいいな。