無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2019/03/15

第2話


🍑 うん。警察呼ぶね

🐰え、警察に僕は見えないよ?

🍑は?

🐰だーかーらー!僕は妖精なんだってば。

🍑お前…

🐰やっと信じてくれるn

🍑病院行こう。

🐰いや、なんで

🍑頭おかしい。妖精なんて

🐰ほんとだよ。

🍑いや、どーでもいいんだけどさ。

🐰なに?

🍑家から出てってくれる??

🐰う〜ん…やだ。

🍑うん。軽くタヒんでこい

🐰え、ひどい

🍑てかお前ほんとに何者だよ

🐰妖精

🍑いや、

🐰妖精

🍑は?

🐰妖精

🍑…

🐰ようせi

🍑わかったわかった…はぁ…

🐰信じた??

🍑信じてないけど…もういいや。

🐰( ̄へ ̄)

🍑でさ

🐰なに?

🍑出てって。

🐰やだよ。僕は君のために来たのに

🍑私のためにって言う割には私の名前知らないのね

🐰うん!(*´﹀`*)
で、名前は?

🍑個人情報保護のためお教え出来ません。

🐰何言ってるかさァァっぱり分かんない!
名前は?

🍑あなた。

🐰歳は??

🍑女性に聞くことじゃ無いでしょ。

🐰年齢を教えて頂けないでしょうか。

🍑19。

🐰わぁぁ!ヌナだ!!

🍑お前何歳

🐰17!

🍑2歳しか変わらねぇ…

🐰で、僕がなんで来たか気にならないの?

🍑それを聞きたかった。はよ言え。

🐰えっとね…