無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

67
2019/04/02

第9話


〜説明終了〜

🍑っていうことなの。

🐰ことなんです。

🐨僕達そこまで馬鹿に見える?

🍑へ?

🐴このグク君が妖精だと信じてって言うの?

🐰はい。僕は妖精です。

🐨信じれる分けないでしょ?

🐰信じてください。

🍑オッパ達信じて?
私はグクに助けられたの。

🐴グク君。君は何者なの?

🐰あなたを助けるために別の星から来ました。

🐨どういうこと??あなたは今大変な状況なの?

🐰はい。あなたは今バイト先でいじm

🍑何も無い。何も無いから。

🐴あなた?オッパ達に話して?

🍑何も無i

🐨あなた!!

🍑ビクッ

🐨僕達がそんなに頼りない??
なんで話してくれないの?

🍑ほ、ほんとに何も

🐴何も無いわけ無いでしょ?
グク君。教えてくれないかな?

🐰あなたはバイト先で虐められています。
僕はそれを助けるために来ました。

🐨あなた…

🐴気づいてあげれなくてゴメンね…

🍑私が言わなかったのが悪いの。

🐰信じてくれました?
僕はあなたの未来を見て来たんです

🍑私の未来…??

🐰うん。

🍑どんな…未来なの…??


























🐰___あなたが自殺する未来。