無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

81
2019/03/24

第5話

作者)言うの遅かったけど    💭  は心の声です!




🍑なんだよアイツ…ブツブツ…

ドンッ💥

🍑ワッ…ご、ごめんなさい…

😎おい。お前誰にぶつかってんだよ。

🍑ごめんなさい!!

😎謝って済むと思ってんの?
ちょっとこいよ。楽しいことしようぜㅋㅋ

🍑いや…離してください

😎来いよ。
男の力に勝てるとでも思ってんの?ㅋㅋ

ガンッ💥)お腹を蹴られる

🍑ウッ…ハァハァ…

😎あ、溝内入っちゃった?ㅋㅋ
さっ!行こっか〜

🐰ほら〜やめとけって言ったじゃ〜んㅋㅋ

😎お前誰だよ

🐰そいつの…

😎こいつのなんだよ

🐰彼氏だよ。

🍑💭ェェェェエ!

😎へぇ〜お兄ちゃんも来る?
この姉ちゃん今から楽しいことしに
行くんだよ?
可愛い姿見れるよ?ㅋㅋ

🐰そいつの可愛い姿見るのは俺だけでいい。
そいつ置いて黙って失せろよ。

😎嫌に決まってんだろ?ㅋㅋ
ぶつかって来たのはこいつだ

🐰だからなんだよ。別に怪我してねぇじゃん
それに対してそいつ見ろよ。

😎あ…

🐰顔切れた上に膝まで擦りむいちゃって…
どうしてくれんの?

😎チッ…

ダッ💨

🐰逃げるとか弱ぇ奴
立てんのか?

🍑た、立てるよ…

フラッ…

🍑ワッ…

ガシッ

🐰気をつけよろバカ。
ほら。背中乗れよ。

🍑え、重いから…

🐰ゴチャゴチャうるせぇなぁ…

ヒョイッ

🍑ワッ!降ろして!バカ!

🐰お前ちゃんと食ってる?

🍑食べてるよ

🐰かっっっる

🍑それは良かったです。

🐰さっ!帰るぞ〜

🍑ありがとう…

🐰おうㅋㅋ