無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

42
タピオカ屋さんに行くと

蓮が先に座っててと私とラウちゃんを席に座らせた


ラウ「あなたちゃん、今何してるの?」


ドキッとした

何も成長してない自分がバレちゃう


ラウ「んーと、お友達はできた?」


「ひとりぼっち、かな」


違う質問がきて少しほっとする

でも、悲しい答え


ラウ「あなたちゃん、携帯持ってるの?」


「持ってるよ?」


そう言うと

おずおずと自分の携帯を出すラウちゃん


ラウ「よかったら、交換しない?」


その画面にはQRコード

私はそのQRコードを読み取った


ラウ「ありがとう」


ほっとしたような顔をするラウちゃん

そんな彼に少し変なスタンプを送ってあげた


ラウ「なにこれ?」


クスクスと笑うラウちゃん

よかった、その顔が見たかったの。


「おもしろいでしょ?」


ラウ「あなたちゃんってもう少し大人かと思ってた」


「大人もこういうスタンプ使うんだよ?」


蓮「わ、変なスタンプ」


ラウちゃんとクスクス笑ってたら

トレーを持った蓮が椅子に座った

なんかすごく懐かしくてくすぐったい