無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

30
ふわっと香る大好きな人の香り

無意識にぎゅっと抱きしめると

大きな手が私の頭にのった


「え・・・」


目を開けると太陽の光で見えずらいけど

大好きな人が目の前にいて

私が抱きついている


蓮「おはよ」


そう言って微笑む彼

夢?


蓮「さっき樹さん来て昼飯置いてったよ」


冷蔵庫を指す指をぼうっと見詰める


蓮「こんなに寝起き悪かったっけ?」


くすくす笑って私の頬を優しく包み込む


蓮「あなた?起きてる?」


どんなサプライズよりも嬉しいサプライズ

ぼうっとしてる頭に覚えておけと喝を入れた