無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

45
ふと時計を見ると6時半


「そろそろ帰る?」


蓮「うん」


ラウ「えー!」


やだーと駄々をこねるラウちゃん

そんなラウちゃんにそっと耳打ち


「連絡くれればいつでも来ていいよ」


そうするとキラキラと目が光る

その目にうんと頷くと嬉しそうに笑った


「じゃあ、またね」


玄関まで送って

バイバイと別れる

ドアが閉まるとガチャッと外から鍵が閉められて

1人でたくさん笑ってしまった

外からも少しだけ笑い声が聞こえて

次第に消えた

いつもなら寂しいけど

今日はなんだか心が温かかった