無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15
蓮が話し終えて申し訳ない気持ちになった

心配させて悲しませて


「ごめんねってみんなに伝えて?」


蓮「やだ、それはあなたから言ってよ」


真っ直ぐな目が私を捕える


蓮「あ、あとさ。ラウールの文化祭来てやってよ。あいつあなたのために毎日学校行ってるんだよ」


最後の1口が喉に詰まりそうになった

あのラウちゃんが1人で学校に通ってる?


「行ってもいいのかな」


蓮「来ないと迎えにいく」


「家知ってる?」


私の問いに黙ってしまう蓮

そんな彼に初めてメッセージを送った
_
東京都○○区○○町9-10スノーモール1009
松村あなた