無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

【藤原丈一郎】媚薬・後編R



下に手を伸ばすと、案の定濡れていて。
表面を撫でると、腰を揺らすあなた。

『っちゃんと、して、っん』

「はいよ。」

はじめから指を2本入れる。
そのままあなたのイイとこを探してそこだけを刺激する。

「きもちい?」

『んっ、はぁっ、なんか…きちゃ、ぁ』

『っやぁ…っ!!』

指を動かし続けていると、ぎゅうっと締め付けられて、あなたから透明の液体が溢れた。

「、潮吹き?」

『も、はずかしぃ…』

「はじめてやんな、吹くの。」

『やだぁ…』

ハンパないな、ここまでなると思わんかったわ。
あなたのこんなとこ見たら俺も限界で。

「いれるで」

『ね、ぁっ、ちょっと、ぉ』

あなたの返事を待たずに自身をいれる。

『っさいしょ、から、激しっぃ、ん』

「おれも、むりやねん、っ」

いつもと違うからか、あなたが泣き出してしまった。

『ううっ…っん、』

「泣かんで、や」

『きもち、よすぎてっ、、』

「おれもやから、っ大丈夫や、」

『また、きちゃあ…っ』

「ん、いっしょにイこ、」

『あぁっ、じょ、くんっ…っイ、く…んっ!』

「はぁ、、っく、!」

2人で同時に果てた。
顔をぐしゃぐしゃにして、肩で息をしているあなた。

「疲れたな…て、もう寝てるんか…笑」

あなたの瞼は既におりていて、すやすやと眠っていた。

「無理させてもうたかな。」

あなたのおでこを撫でて、ベットに運ぶ。
謝罪の気持ちを込めてキスを落とした。