無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

【高橋恭平】Sな彼氏R




彼はSっ気がある。
行為中はとくに。


「やば、めっちゃ勃ってるんやけど」


『んんっ、やだぁ』


下着を外される。
彼の指が胸の上で動く。
でも肝心な蕾には触れてくれない。


『きょへっ…』


「ビンビンやん」


そう耳元で囁いてくるから


『んっ…ちゃんと、さわってよぉ』


「よく言えました。ちゃんと触ったるで?」


中央の突起をこねくり回されて、ときに甘噛みされて。
今まで刺激がなかった分とても気持ちよくて。


『ふぁ、、ぁんっ』


「きもちよさそーやん」


一通り胸を遊び終わったのか、次の恭平のターゲットは秘部。


「あ〜ぁあ〜…こんな濡らして。へーんたい」


『ちがう、もん…』


「へー。じゃあちょっとずつ触ろー」


『えっ?』


また何かのスイッチを入れてしまったらしい。
すると恭平は下着の上から小さな力で秘部を擦り始めた。


『んんっ…』


「えーこんな弱い力で感じるん?しかも布越しやのにぷっくりしてんの分かるで。」


下の突起の所を布越しで爪で引っ掻いてきて、
反対の手は摩るように撫でてきて。


『むりむり…』


「色違くなってるし。シーツもびちゃびちゃやで?」


『あぁっ…出ちゃあ、』


「なにこれ。だらだら溢れてくるねんけど。まさか…直接触ってへんのに潮吹いたん?」


『…ごめんなさ、』


「やっぱり 変態。」


耳元で囁かれる恭平の低音ボイスは直接脳に響いてきて、クラクラする。


「こんな濡れてたら慣らさんでもへー気やろ。俺も限界やから。」


『え、やぁっ…!』


いつの間にか下着は脱がされていて、恭平のが挿ってくる。
その快感でイってしまってナカをギューッと締め付ける。


「あ、軽くイったやろ?勝手にイったらあかんで。」


『んんぅ…っ、』


「あなたは、激しいんが好きやろ?」


『あっ、待って、、むりっ、イっちゃ』


「だめー。」


『え…』


絶頂に達しそうになったときに激しかった腰の動きはピタッと止まって。
刺激がない今、とてももどかしい。


『…っ、イかせて、きょへ……』


「俺が10秒数えるから。0って言ったらイってもええで。いくで?じゅーう」


『ふぁあっ…んん』


腰の動きが再開して、イくのを必死に我慢する。


「きゅーう。はーち…なーな……」


『やぁっ!だめっ』


数えてる最中に胸に吸い付いてくる。
余計に感じてしまう。


「ろーく…ごーお……よーん………さーーん……」


『ねえっ、はやく、うぅ…っ』


数か少なくなっていくとともに、数えるスピードは遅くなり、でも腰の動きは速くなり。


「にぃーい……いーーち………」


『やらっ、はやくっ、んっ』


「……ぜーろ。イってええよ?」


その言葉を聞いた瞬間、ナカから恭平のは抜かれて身体の力が一気に抜けて、溜まってたものが溢れ出す。


『ふぁあぁっ!…んっ!』


「どんだけ吹くん?やっばぁ…変態やな。笑」


『…だって。』


「イったばっかで悪いんやけどさ、俺まだイってへんから。」


『え、やぁっ!』


もう一度ナカに押し込まれる。
全身が性感帯になっている私は恭平のされるがままで。


『きょへっ、あぁっ』


「そろそろ、イく、から」


『やらぁっ、、イっちゃあ、』


「ん、あなた…っ、イくっ」


『っあぁ……ぁんっ………』



恭平が欲を吐き出したのを感じながら、
私は意識を手放した。
















「激しくしすぎたかなぁ…ごめんな。好きやで。」










そう私の頭を撫でながら言っていたことは、
もちろん知らない。

















✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
フォロワー様 が 100人 いきました〜!!


ありがとうございます☺️






フォロワー100人記念!ということで
新作出します!
なにわちゃんがメインのお話です


ぜひ読んでくーださいっ