無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

【西村拓哉&大西風雅】幼馴染








西村「ふーがー、あなたー!かーえろー!」

『あ、待って』

大西「は?うっさ」

西村「うっさいって酷いなぁ」

大西「せやなぁー、1人だけクラスちゃうもんな〜」

西村「なんで1人だけちゃうんかな…」

『まぁまぁまぁ、、帰らんの?』

大西「せや、拓哉なんか置いて2人で帰ろ。」

『へいへーい』

西村「ちょ、待ってぇや!」





西村「怒」

大西「ふ笑。あなた、拓哉怒ってる

ちょっとおもろい。笑

大西「今日なー、鈴木おもろかったなー」

『せやねー!ふっ、思い出すだけで笑うわ。』

西村「俺のこと笑ってんやろ。さっきの聞こえてた。拗」

『地獄耳め…』

西村「はぁ!?地獄耳ちゃうし!」

大西「そーゆーとこやで、ほんまに」

西村「何が!」

『なんかあったらすぐ拗ねる。せっかく顔がいいんやからさ、もっと中身もイケメンになればええのに。』

西村「え、待って!俺のことイケメンって言った!やっば、うれし笑笑」

大西「…単純」

『単純だからモテない。紳士になってくださーい、ふーがみたいに。』

大西「俺紳士なん?」

『そうじゃないの?だっていつも冷静だし?』

大西「いえーい。俺紳士やって」

西村「風雅やって調子のってるやん。」

『いいじゃーん。わたし的には紳士なの!』

西村「あなたの視点が分からん」

大西「俺もイマイチ分からへん」


『もっとさ、幼馴染3人組、仲良くやっていきましょーよ』

西村「なに、いきなり。酔ってんの?」

『ふと思っただけー』

大西「へいへーい。あなたとずっと仲良くするわ。」

西村「おれは?」

大西「なんか…別にどっちでもええわ。」

西村「扱い雑やなー」










なんだかんだ仲良しな、幼馴染トリオ。笑