無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

【藤原丈一郎】2人だけの朝(R)





夜の営み。
久しぶりだったからか、丈くんも私もヒートアップしてしまって、激しくしまくって、意識を飛ばしてしまっていた。




『…ん、』

カーテンから漏れる光を感じて、ゆっくりと目を開ける。
もちろん、服は着ていない。
しかも狭いシングルベッドで丈くんに向き合った状態で抱きしめられている。

『ふ、わぁ…ん。いま何時、?』

壁掛け時計を見ると、、11時。
そろそろ起きたいなぁ…って思うけど、がっつり抱きしめられてるから動けない。

『じょおくん、、起きて』

声をかけてみるけど…起きない。

『むっ、おーきーてー』

動く範囲の少ない手をどうにか動かして、トントンと丈くんの体を叩く。

「ん…〜〜」

『丈くん、』

「あ、ぁあ〜〜…」

眠そうに目を開けて、大きく欠伸をする丈くん。

「んー、ぁ、、、あなた?」

『丈くん、おはよ。もう11時だよ?起きよ』

「えぇ〜…、」

『おーきーてーよー。』

「あなたとくっついてたい」

訳も分からない言い訳を添えて、更に強く抱きしめてくる。

『ねぇーえー』

肌が直接触れ合っていて、直に熱が伝わってくる。

「あなた、あったかいな?」

『だって寝起きだもん、』

「そっか」

うっすらと目を閉じていくから、

『じゃなくて! もうっ、いいもん。意地でも起きるもん。』

どうにか腕の中をすり抜けて、服を着て、

「あぁ〜、ごめんな? 離れんといて?」

『ちゃんと起きなかったのが悪いっ』

「はいはい、起きます」

『はい、服』

ありゃとさん、って言いながら、服を着ていく丈くん。

「あーぁあー。昨日は可愛かったのになー」

「俺の腕の中で散々喘いでたのに…」

『バカっ! 昨日のことは言わなくていいの!』

ほんっと恥ずかしいっ!

「へへーい、」

服を着終えて、別途に並んで座る。

「今日どーする?」

『特に何も』

「そんなんやったら、今日も抱き潰すで?」

『はっ!?』

抱き潰すって…昨日散々したのに。

「ジョーダンやて、冗談。」

『丈くんが言うと冗談に聞こえない、』

「まぁ、出来んことないで?」

『ほんとにやめて』

「ほな、どっか行きたいとこないん?」

『んーじゃぁ、買い物行きたい』

「ええで。じゃ、準備しーましょ」

ベットから立ち上がって準備をしはじめる。






いつもより遅い、2人だけの朝。


さぁ、1日のはじまり。














✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼


この小説のお気に入り⭐️30&いいね❤️100を超えました!

ありがとうございます!


私自身もいいね❤️やお気に入り⭐️が増えるととても嬉しいですし、ありがたい気持ちでいっぱいです!


お気に入り50を目指して、これからも少しずつですが、投稿を続けていこうと思います!