無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

【永瀬廉】はじめての・後編R





「無理してへん?」

『んーん。はやく、廉くんと…ひとつに、なりたい。』

「っ…頑張って、優しくできるようにするから」

ぎゅっと抱きしめられてから、下に廉くんのが入ってくる。

『あ、ん…』

「っ、ん」

初めて感じる圧迫感。
すごく熱くて、でも不思議と痛みはなくて。

「痛くない?」

『全然、だいじょぶ…んっ』

「あなたと、繋がれて嬉しいわ…」

『私、も。』

「動いてええ?」

『うん…』

ゆっくり始まる腰の動き。
とても静かだけど、とっても気持ちい。

『あぁっ、ん…』

「はぁっ、あなた…めっちゃ気持ちい、」

『わた、しもっ、』

それから廉くんは腰の動きを少しはやくした。

『あっ、んっ』

またさっきと同じ変な感覚が私を襲う。

『んや、なんか…ぁ、くる』

「んっ、イきそう?…俺も、」

『あっ、やっ、んもっ…むりぃっ』

「くっ、でるっ!」


腰が大きく跳ねて、息が上がっている。
そのまま廉くんは横に寝ころんでくる。

「はぁっ、ほんま、きもちかった…」

『わたしも、きもちかった。』


「…あなた、すきやで」

そっと抱き寄せられて、

「愛してる。ありがとう」

優しいキスをして、抱きしめながら眠りについた。