無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

【西畑大吾】形勢逆転・後編R





『え待って、』


「待てへん。」


さっきまで私が大吾を倒してたのに、あっという間に逆転してて。


『ね、今日は』


「十分してもらったからえーの。ほら、俺のしてただけでこーんなに濡らしちゃって。笑」


服はいつの間にか脱がされていて、直接下に触れられて、


『っん』


「もうへーきやろ。いれるで」


『え、待って、っあ』


慣らしてもいないナカに入ってくる。


『ねぇ、大吾っ』


「やっぱ、あなたのナカが1番気持ちええわ。」


『ね、激しいっ…っ!』


「気持ちよすぎんねんもん、っ」


スピードをあげて腰を動かしてくる大吾。
もう、ただ快感に身をゆだねることしかできない。


『あっ、んむりぃ』


「っんぁ、あなた、」


『っん、イくっ』


「っくぁ、」






意識がぼーっとするなか、ベットに横になる。


「今日のあなた、かわいかった。」


『せっかく私が大吾のしてたのに、』


「あれ気持ちよかったなー。またやってぇや。笑」


『大吾ってM?』


「んー。そーかもしれん。笑」


『っはぁ?』


「あなたにならなにされてもえーもん」







いつもと違う、そんな夜の行為。