無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

【大橋和也】お風呂・前編R






「今日いっしょにお風呂はいろーや」

『え?』

「やーかーらー、風呂いっしょはいろ?」





って感じで、今から一緒にお風呂にはいります!
うわぁ、まじで嬉しいし楽しみっ

『…かずくん、入っていい?』

「ええでー」

あなたが先入っててって言ったから俺は先に自分の体を洗った。

「…っかぁわいぃ」

『あんま見ないでよね、』

恥ずかしがりながら入ってきたあなたがまぁじで、かわええ。ほんまに。

『っわたし、洗うから…』

「おれやったるで?」

『ぇ、いやいや、いいっ』

「ふらふら、ええから!」

無理やり椅子に座らせて、シャンプーを手に取る。

「かゆいとこあるー?」

『ない、』

シャンプーを流したらトリートメントもしてあげた。

『っありがと。あとは…』

「まぁーだやで」

ボディソープを手に取って、あなたの背中にのせる。

『ちょ、いいよっ』

「えーからえーから!」

背中を撫でながらちょっとずつ肩やお腹に手をおろして、洗っていく。

『っね、触んないで、、』

「あ、おっぱい やらかぁ」

『や、、』

胸もちゃぁんと洗ってあげる。

「んふふ、洗ってるだぁけ」

後ろからでもわかるくらい、顔真っ赤にして。

『もぉ…何もしないって、言った、のにぃっ、ん』

つんっと勃った先端を撫でると、小さく喘ぐあなた。
まぁ、最初からそのつもりではあったけど、もう止められなくて。

「ぬるぬるしてるから?むっちゃ感度良ない?」

『ねぇ、っも』

「した、触るで」

『や、っだぁ…っふぁ』

既にもう濡れまくってて、
ボディソープが付いているから、すぐにぬぷって指が入っていく。

「指、めっちゃはいる」

『、ぁんや、』

「どぉ? おふろですんの、」

『もぉ、やだぁ…っ、も、』

あなたが泣きそうになりながらも、しっかりと言ってくる。



" かずくんの、ほしぃ、、よぉ "