無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

【藤原丈一郎】媚薬・番外編


本編を読んでからお読みください








ではstart→

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼






『なんか、昨日変な感じだった。』

『んー、なんであんなんだったんだろ。』

朝になり、昨日の話をしているとそう言われた。

「あれな、あなたに媚薬仕込んでん。」

『はぁ!?』

まぁ、そうよな。そうなるわな。

『なんで、そんなこと…』

「まぁ、やってみたかってん」

『バカ!アホ!変態!』

バシッとお腹を叩かれる。

「ごめんって、ごめん」

『もうっ…やめてよね』

「もうしやん」

『絶対しないでください。』

「はい。」

言うぶんには自由やから。笑
昨日のあなた、めっちゃ可愛かったし。
あなたがこのこと忘れた頃にまたやってやろーかなー。
また怒られそうやな。笑