無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

【長尾謙杜】喧嘩・後編




家に着いても起きる気配が全くしない。
とりあえずソファにあなたを下ろす。
しばらくすると

『ん…ん、、』

ゆっくりとあなたの瞼が上がっていく。

「あなた…?」

『けんと、?…なんで、ここ、』

「みっちーん家から連れて帰ってきた。」

『なんで、?』

「ごめん。」

『え…』

「あなたのことなんにも考えへんくて。傷つけた。」

『っ…私も、ごめん。怒りすぎちゃった。』

「ちょっと怖かった。笑」

『ごめんなさい。』

「あとな、那須ってやつ。男やで?」

『え…女の子じゃないの?』

「ちゃうよ。クラスの那須さんじゃない。男。」

『っ、、そうだったんだ。』

「不安になったん?」

『当たり前じゃん。他の子のほうがいいって言われたんだもん。』

「おれはあなただけやもん。あなたしか好きちゃう。」

『ね、けんと。ぎゅってしてほしい。』

「えーよ。いくらでもしたるっ!」

「ぎゅ〜〜っ」

『ちょ、くるし、』






「めっちゃ探したんやで!」

『だから、ごめんって』

「ほんま、…余計な心配させんなや。」

『…はぁい。』

「あなた、ちゅー!」

『しません!』

「なんで?!ええやん、」










‪‪✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼


ぱっぱかぱーん!

㊗️50話✨🎊✨