無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

【大橋和也】続きしよR



※ #なにわとおやすみ
#かずやとおやすみ

の続き、というイメージのお話です。
ISLAND TVを見てからお読みくださったほうが
想像しやすいかなと思います。






✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼





" ちゅーだけでええの?続きしよっか。"




『っへ、』


さっきコトが終わってとりあえず下着だけ着て
2人で布団の中。
でもなかなか寝付けなくてキスを強請った。
たったそれだけだったのに。


「ちゅーしてほしいってことは…まだ足りへんのやろ?」


『っ足りてるから、いいっ』


「ざーんねん。俺はまだ足りてへんねん。」


そんなこと言いながらも私の目には和くんと天井だけが映ってて。


『っ、ん…』


「ふふっ、やっぱあなたのキス顔可愛ええな。笑」


『だって…』


「もう湿ってるんちゃう?」


『っあ、ぅぅ…』


和くんの手が私の下に伸びてスーッと撫でられる。


「なぁんや、ちゃんとその気やん。」


『ちが、から…』


「でもびちゃびちゃやで?」


『っんんぅ…言わないで、』


せっかく着た下着もまた脱がされて。
太腿に和くんの硬くなったのが当てられて。


『っね、和くんどんだけ体力あるの…?』


「んーわからんけど…あなた見たら興奮してまうねんな。」


『そんなすぐ発情しないでよっ』


「努力だけしとくわ。笑」


ははっ、と笑う和くんは紛れもなく
私が好きな和くんで。
見とれていると声をかけられて現実に引き戻される。


「慣らさんでもへー気やろ?」


『っあぁ、まって。かずく、』


「さっきもしたんにぎゅうぎゅうやで?欲しがりさんやなぁ…」


『ううっ、、むりむり…』


なんにもお構い無しに突いてくる和くん。
さっきと同じくらいの快感が襲ってくる。


『あぁっ、やぁっ』


「あなたの蕩けた顔、好きやわ。」


『っぁ、和くん、ちゅー』


「ほんっまちゅー好きやな。んんっ」


それはもちろん深いほうのキス。
口内や舌を舐め回される。
もっと全身で和くんを感じたくて、和くんの腰に足を巻きつける。


『あぁっ、すきっ、、ぁっ、』


「はぁ、大好きやで、」


『っ、イ、、イくっ』


「おれも、イく、、」


愛を伝えながら今日何回目かの快感。
もう私には体力なんて残ってなくて。



『はぁ、はぁ…』


「疲れたなぁ?」


『誰のせいだと思ってんの?』


「俺やわ。笑」


こんな状況でも笑顔でいる彼はすごいと思う。


「寝とき?あとは俺しとくから。」


『うん…』


「ん、おやすみ。『…まって、』


「ん?」


『おやすみの、ちゅー。して?』


「ほんっっま、可愛すぎやねんけど。」


小さくお強請りすると優しく落としてくれるキス。


「んふふ、大好きやで。


















おやすみ。」