無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

【向井康二】ちょっかい




※セリフのみです。




「あなた〜」

『なに?』

「眠い」

『寝れば?』

「ひとり嫌やもん。」

「っ!膝枕して!」

『嫌です。』

「なんでぇや、ええやん」

『だって、重いもん。』

「じゃ、一緒に寝よ!」

『私眠くなーい』

「横なったら眠くなるって。ほら!ベットにGO!」

『えぇ…』


「ほら、横なって!」

『はいはーい』

「寝ましょー!」

『はいよー』

「あ、やっぱ腕枕するわ。」

『いーの?』

「んー、ほら頭乗っけて」

『へーい』

「重い、った!なんでぶつん!?」

『重いとか言わないの!』

「ごめんごめん笑お詫びにちゅーしたるわ」

『遠慮しとくわ』

「拒否権なし!ちゅー」

『分かった』

「っちゅ」

『んっちゅ…』

「ふうっ、顔赤いのかぁわいっ笑」

『だって、!』

「とんとんしたったら寝れる?」

『…多分、寝れない。』

「ちゅーしたら寝れる?」

『もっと寝れない。』

「じゃあ、寝ぇへんの?」

『…寝る』

「ちゅっ」

『はっ、!』

「ええやんええやん。笑」

『もういいっ!寝るっ』

「あぁー、そっち向かんでぇやー」

『急にちゅーしてくるからでしょ!』

「別に悪いことちゃうやん。」

『…そう、だけど』

「認めた!もっとやったるわ」

『ね!こうちゃん眠かったんじゃないの?』

「あなたちゃんとじゃれてたら眠なくなった。」

『も〜〜!私寝るからね!』

「しゃーない、俺も寝るわ。」

『しゃーない、って…』

「最後、おやすみのちゅーして?」

『もう何回もしたもん…』

「何回でもええもん!ほら、あなたから!」

『っ〜〜〜、もぅっ!っちゅ』

「っ!…ほんまにしてくれた。やっばぁ」

『もっ!寝るよ』

「はぁいよ、おやすみ」

『…おやすみ』









✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼


SnowMan・SixTONESデビューおめでとうございます!

デビューシングル購入させて頂きました。


D.D.

Imitation Rain

どちらもいい曲ですね。

たくさん聞いております。



これからも体に気をつけて、

SnowMan・SixTONES

頑張ってほしいですね!