無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

【Lilかんさい】紅一点







※セリフのみ









西村「あなたー!」

『なにぃ?』

西村「数学のテスト、93点やってん♪」

『へっへっへっ!私95点♪♪』

西村「負けた…」

大西「俺、前回のより6点落ちた。」

嶋﨑「斗亜も点数落ちた。」

大西「あなた、今度勉強教えて」

『どれが苦手なん?』

大西「数学と英語。」

嶋﨑「斗亜もな、英語分からへん」

岡﨑「おれ全部分からん…泣」

當間「僕のも教えて!」

『いいよっ!今度いっしょに勉強しよっ』

西村「ちょいちょい、俺抜きで話進めんといて!」

大西「だって拓哉頭ええんやからあなた必要ないやん」

岡﨑「俺1人じゃ出来ひんもん。」

『拓哉はこっち側でみんなに教えてあげてください』

嶋﨑「斗亜、あなたちゃんに教わりたいー」

當間「僕もあなたちゃんがいい。」

西村「なんで俺人気ないん?泣」

大西「知らん。」

西村「ふぅーがー!!」

大西「うっさいねん。」

『拓哉は風雅にまかせといて、斗亜と琉巧今度勉強道具持ってきてな?』

岡﨑「っ俺は?」

『あぁあぁ、彪太郎もね!』

大西「あなたー!拓哉どーにかしてー」

西村「うわぁーん泣」

『頑張ってねぇ〜』

嶋﨑「流石あなたちゃん」

大西「あぁ〜もうっ!」