無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

【正門良規】強がりさん





『ただいま』

「おかえり、あなた。」

彼女が帰ってきた。
自分より彼女の帰りが遅いのは珍しい。

『ごめんね、遅くなっちゃって』

「ぜーんぜん。あなたもお疲れ様」

『よしくんもね。あ、お風呂入ってないの?』

「んー。洗ってあるからお湯いれれるで」

『いや。私まだいーや。』

ん?
甘えん坊の彼女が全然甘えてこない。
疲れとるんかな?
試しに「あなたー」と声をかけても普段よりも反応が薄い。

「…こっち向いて、」

俺も立ち上がってあなたと向き合う。

『どーしたの?』

「んー。今日あなた全然甘えてこーへんなーって。」

『そんなことないよ。…』

嘘やろ、それも。
明らか元気ないやん。

「してほしいことないん?」

『…だいじょぶ。』

「強がんでええ。嫌なことでもあった?なんでも言ってみぃ?」

俯きながら、目をキョロキョロさせながら。
小さな声で話し始めた。

『…今日、しごと、失敗しちゃった。』

「うん。」

『それで、っ怒られちゃって…うぅ』

「ん。頑張ったな」

優しく包み込むように抱きしめる。
いつもより小さく感じる。

『…よしくんがいてよかった』

「我慢せんでえーの。なんでも言ってな?」

『じゃあ、キスして』

「ん。」

可愛すぎるあなたからのおねだり。
薄い彼女の唇に自分のを落とす。
唇が離れるとあなたから抱き締め返してくれた。

『もういっかい、』

「え?」

『もう1回、ちゅして?』

自分のほうから俺の首に手を回して唇を重ねてくる。

『っはぁ』

何秒だろう…角度を変えながらキスを続ける。
離れた頃にはあなたの目が蕩けてて、こっちに倒れ込んできた。

「っとぉ、ふは、酸欠?」

『そぉ、かも。』

「もう寝ちゃい。明日休みやし。」

『連れてって。』

「はいはい笑」

あなたの足と首に手をかけ抱きかかえる。

「痩せた?軽なってる。」

『そう?別にダイエットとかしてないのに』

「もうちょいぷっくりしててほしい」

『分かった。もうちょっと食べる。笑』

なんて会話をしながらベットに到着し、並んで布団に入る。

「もう我慢したらあかんで」

『はぁい…』

「おやすみ」

優しくおでこを撫でてると、規則正しい吐息が聞こえてきた。

「…かーわい」