第3話

Love
574
2019/02/12 08:31
職員室にて
先生
これで全部か?
あなた

あ、はい!全て運び終わりました

先生
おお、サンキューな
あなた

いえ、大丈夫です

あなた

失礼しました





ふぅ、、、やっとおわった〜
教室戻ったらはるなに話さないと、、、!
???)うわあああ!
あなた

ん?

あなたが見た先にはプリントがちらばっていた
あなた

あらら、、、

あなた

どーぞ

ツリメ
あ、拾ってくれてありがとう!
あなた

いえいえ

ツリメ
坂本さんだよね?
あなた

そうだよ

あなた

ツリメくんだよね?

ツリメ
うん!
あなた

私手伝うよ

ツリメ
いいの?
あなた

うん!

───────────────────────
ツリメ
坂本さんっていつも1人で仕事してるよね
あなた

あぁ、なんかね笑

あなた

クラスの子が嫌々やるなら私がやった方がいいかなって

ツリメ
へぇー、坂本さんって偉いね
あなた

そうかな?そんな気しないけど

ツリメ
きっと慣れちゃってるんだよ
ツリメ
尊敬するな、、、そういう人
ツリメ
なんでそんなニコニコしてるの?
あなた

えっ!?

ツリメ
顔に出てるよ?笑
あなた

いや、なんか尊敬って言われるの初めてな気がして、嬉しいなって

ツリメ
ふふふっ
あなた

え?

ツリメ
いや、いつも大人しい坂本さんがこんなに嬉しそうな顔するんだなーって笑
あなた

え、笑

ツリメ
ねぇ、これから坂本さんじゃなくてあなたちゃんって呼んでいい?
あなた

あ、うん!

ツリメ
じゃあ、、、僕は先生に話あるから!
あなた

うん!

ツリメ
手伝ってくれてありがとね!あなた!
あなた

いえいえ!////

はぁ〜、、、
男の子とこんなに話したの初めてかも、、、
なんか緊張したな、、、

プリ小説オーディオドラマ