第4話

Love
565
2019/02/12 17:48
先生
はーい、挨拶ー
級長
きりーつ、きをつけー、、、ありがとうございました
クラスメイトA
よっしゃー!!やっと帰れる〜
あなた

はるなー!帰ろー

はるな
ごめん、今日さ病院行かないといけないから車なんだ
あなた

あ、そうなの?おばさん?

はるな
うん
あなた

おばさんは大丈夫なの?

はるな
わかんない、、、お母さん私たちの前では元気なふりをしてるから
あなた

そっか、、、おばさんにお大事にって伝えておいて!

はるな
うん!わかった!ありがとう
はるな
じゃあね!ばいばい!
あなた

ばいばーい





うーん、一人で帰るのか、、、
みんながいなくなってから下校しよ、、、
ぼっちって思われそうで嫌だし
それまで暇だから何しようかな、、、
エイジの席があなたの視野にはいった
あなた

今なら、、、いいよね

あなたはエイジの席に座って顔を机に伏せた
ここにエイジくんは座ってるんだね…
なんだか落ち着くな、、、
エイジくんと喋れたらどれだけ幸せなのかな
エイジくんと付き合えたらどれだけ幸せなんだろう
エイジくんの全てを────
あなた

…知りたい

エイジ
あのー、、、坂本さん?
あなた

はい、っあ、、、

エイジ
そこ、、、俺の席…
あなた

あ、あはは、わ、私何やってんだろ〜?💦

あなた

さ、さよなら!!!!!!

エイジ
あっ、ちょっ!
あなたは逃げるように教室を出た
ど、ど、どうしよ、、、
とりあえず屋上!!
屋上にて
あなた

はあはあ、、

ツリメ
あれ?あなたちゃーん!
あなた

ツリメくん?

???)この子誰?みっくん。
ツリメ
あ、紹介するね。同じクラスの坂本あなたさん
リクヲ
へぇ〜、よろしくね。ぼくリクヲです
あなた

よ、よろしくお願いします

ツリメ
ていうかなんでここに?
あなた

えっと、、、色々ありまして、、、

ツリメ
ふーん
あなた

つりめくんたちは?

ツリメ
僕達はねいつも放課後ここで遊んでるんだ〜
あなた

えっ、先生に見つかったらやばくない?

リクヲ
見つからないように遊んでるから大丈夫
あなた

そうなんだ

夕方4時半
あなた

あっ、私もう帰るね

ツリメ
うん!
リクヲ
ばいばーい




は〜、、、なんとなく明日学校行きたくないな、、
なんで私ってこんなに運がないんだろう
あなた

はぁ、、、

プリ小説オーディオドラマ